入試前のリラックス法~小笠原編その2~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 2月 5日 入試前のリラックス法~小笠原編その2~

こんにちは!綾瀬校の小笠原です!ついこの前も小笠原がいた気がしましたが、気にせず行きましょう笑

先日は入試前のリラックス法をお話ししましたが、今回は試験中のリラックス方法を話したいと思います!

試験の前にどれだけ準備をしてこようが、試験本番になれば誰だって緊張してしまいます。過度な緊張で集中ができない人もいると思います。いざ試験が始まってどれだけ早く自分の気持ちを平常心に落ち着けられるかが重要になってくるので、試験中自分の集中力を高める、キープする方法を自分も考えていました。

まず、解けない問題は解けない!これ結構大事です。

ある程度問題を解いてみて雰囲気になれてくる、緊張がほぐれる。でも難しい問題が出てくる、そこでつまづく、止まったらまた緊張が始まる。これは最悪です。わからないと思ったらいったん後回しにして解ける問題から先に解きましょう。そこで時間を無駄にしちゃダメです。ペースが崩れます。

それにあたって全部の問題を完璧に解ききろう、満点を目指そうとするのもあまりよくないです。それが先ほど言ったことにもつながります。合格点をとれればいいのです。合格した者勝ちです!それを忘れないでください。

あとは万が一眠くなってしまったりボーっとして集中できなかったりしてしまったときは体のどこでもいいからつねって目を覚ましましょう!そこで周りの目を気にしたりしてはいけません。

試験に臨むまでの過程も大事ですが、試験中の集中力をいかに保つかも同じくらい大事です。みなさんもぜひ実践してみてください!

 

 

 

 

答えはThe letter is being written by the secretary now.です!進行形の受動態はbeingを使います。ここは現在時制で単数主語なので,be動詞はisとなります。