入試前のリラックス法-吉岡編- | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 1月 31日 入試前のリラックス法-吉岡編-

 

 

みなさんこんにちは、もう1月も終わりですね。受験生のみなさんはこれから2月の受験ラッシュとなり、大変かもしれませんが、がんばってください!!

自分の実力が発揮できれば、きっと受かるはず!!!

そこで今日は、僕が入試前に実践していたリラックス法を教えたいと思います。

僕がやっていたのは、「入試前の動きをルーティン化すること」です。

よくプロのスポーツ選手などがやっていることと同じで、セットプレーの時などに同じ動きをして緊張を和らげる手法です。

具体的に僕がやっていたのは、

①1時間30分前には受験会場の席に座る。

②1時間前に必ずトイレに行く。

③試験科目の逆から15分ずつ勉強する。

④開始直前の沈黙の時間に指ポキをして周りにプレッシャーを与えていく。

の4つを行っていました。必ず行っていました。

知っていますか?沈黙の中で指ポキをすると、他人も呼応するように指ポキする人が出てきます。

それが面白いのです。それを使って緊張を和らげていました(笑)

以上が僕の入試前のリラックス法となります。

いろんなリラックス法があると思いますが、僕はルーティン化をおすすめします。

この方法が有効なのは、多くのスポーツ選手が証明しているハズです!!!

それでは明日からの2月も勉強がんばってください!!!!

 

それでは今日の一問にまいります。

答え下にあります。

 

 

 

 

 

 

 

<答え>

sent A to B「AをBに送る」を受動態にすると,A is sent to B.の形になります。

to が残るわけですね。順番に気をつけましょう。