受験生時代に大切にしていたこと~松本~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 8月 29日 受験生時代に大切にしていたこと~松本~

 
こんにちは!お久しぶりです。担任助手2年の松本です。
8月のセンター本番レベル模試から2日経ち、努力が実った人も実らなかった人も自分のできていないところを反省し、昨日谷村先生が言っていたように再スタートしていると思います。
 
私のときの8月の模試の反省を含めながら受験生時代大切にしていたことを話そうと思います!
 
まず私が受験生時代の8月の模試ですが、それはひどいものでした。
英語は何も上がっていないし、国語もほとんど変わらず古典に関してはそのとき5点しか取れていませんでした…。そんな落ち込んでいたとき、お世話になっていた佐々木先生に言われた言葉があります。「点数上がらないなんて当たり前じゃない。あなた夏休みやるべきことを達成できていないから」
 
その言葉が心に深く刺さっています。その時になってやっと気づきました。
私自身は夏休み期間努力していたつもりでした。毎日8時前には必ず登校し、閉館まで勉強していたからです。ですが、やるべきことをしていませんでした。
それは基礎完成とセンターの演習です。基礎完成とは高速マスターをただ完全習得するだけでなく、本当に自分のものにしているか、過去問をやるだけでなく、きちんと時間配分や復習をしていたか、そもそも演習の量など目標をもってこなしていたか・・・ どうやったら達成できるについて何も考えていませんでした。
 
それ以来、「やるべきことをきちんと認識する」「どうやったらやるべきことを達成できるのか」の2点に気をつけて受験生時代を過ごしました。
 
そしてやるべきことを認識する際に注意してほしいことがあります!
それは、優先順位です。例えば私自身がそうだったのですが、受講を早めにおわらせなければいけないことに対して気にしすぎて高速マスターをおろそかにしてしまい、さらにセンター過去問を演習していませんでした。
 
優先順位を間違えれば大きな時間のロスになります!皆さんも気をつけて下さい
 
まとめると、私が大切にしていたことは「やるべきことを認識し、優先順位を間違えない」「どうやれば達成できるのか考える」です!!
 
今やるべきことがわからなかったり、どうすれば目標が達成するのかわからないときは私たちに相談してください!
 

その前に、体験授業の案内です☆

 
答えは
She informed me that she had arrived safe.
です。

inform+O+that節で「Oに~ということを知らせる」。