夏休みにやってよかったこと、後悔したこと ~布川編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 8月 8日 夏休みにやってよかったこと、後悔したこと ~布川編~

 

こんにちは~!本日ブログを担当します布川です。

さて、巷のニュースと言えば夏の甲子園の各都道府県の代表が出そろい、抽選が行われ組み合わせが決定しました。勝ち残った球児たちの最後の熱い夏がいよいよ始まります!!

僕も高校3年生の夏までごりごりの高校球児だったのでこの時期になるとテレビの前から離れなくなってしまいます。もちろん受験の時は我慢しましたが・・・笑

そんな高校球児同様受験生にとってもこの夏は勝負の夏です。僕たちも精一杯サポートするので是非皆さんがんばってください!!

さて、今日のブログのテーマは昨日に引き続き、「夏休みにやってよかったこと、後悔したこと」です。

これはいろいろありますね~。笑 僕は先ほども言ったように高校3年生の夏まで野球部でバリバリの高校球児だったために夏休みでその分の遅れを取り戻さなければならなかったので、夏休みはいろいろと試行錯誤を繰り返しました・・・。そこには成功も失敗もありました。そのことについて今日は書いていきたいと思います!!

 

〈よかったこと〉

夏休みに続けてよかったことは、とにかく東進に毎朝登校したことです!!そんなことかよって思うかもしれませんが、これを夏休み通して続けることはほんとに大変なことなんです!

毎朝登校することのメリットとしては、しっかりと勉強時間が確保できるという事です。受験生に必要な勉強時間ってご存知ですか・・・?  正解は、なんと15時間です!!すごい数ですよね・・・。

その多くの勉強時間を確保するために朝方のリズムを作って毎朝登校していました!!

もう一つ挙げると、とにかくわからない問題をわかるまで徹底的に解き続けたことです。わからない問題って一見時間がかかって時間の無駄に思えるかもしれませんが、実際はその問題が今後出てきたときにまた同じことを考えなければならないので余計に時間がかかるんです!わからない問題が出たら、多少時間がかかっても

一回で完璧に仕上げることが一番の近道です。

本当にどんなにやってもわからない問題は、校舎の先生に聞いたり、東進にはバックアップサービスという便利なコンテンツがあるのでそれを活用していました。

 

〈後悔していること〉

後悔していることは、時間がないことを焦るあまり基礎を疎かにして応用などの難しい問題を解きまくってしまったことです。

結局基礎が疎かだから応用問題が解けず、また基礎の問題をやり直すという二度手間をし貴重な時間を無駄に費やしてしまったのです。この時期になると、特に目標点に到達できていない人などが焦りを感じてしまうと思います。しかし、そんな時こそ自分に今何が足りていないのか、何をするべきなのかをしっかりと分析して的確なやるべきことをやるようにしましょう!!

 

 

 

 
 
今日の一問です。↓↓↓
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
答えは・・・
 
He lay on the grass and looked up in the sky.
今回は前置詞の問題でした。動詞によっ使い方が異なる前置詞をしっかりマスターしよう!