夏休みにやってよかったこと、後悔したこと ~山田編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 8月 9日 夏休みにやってよかったこと、後悔したこと ~山田編~

 

山田です。夏より冬派なので、この季節はあんまり好きじゃないです、、、、どうでもいいですね…。

今日の、っていうか今日もテーマは『夏休みにやってよかったこと、後悔したこと』です。

とりあえず高3生は毎日登校・朝登校・閉館時下校はあたりまえですよね、はい、受験生ですもの。僕は担任助手ですが、最近はなぜか毎日登校してます(笑)。一緒に頑張っていきましょう。

 

まず、『やってよかったこと』から

毎朝登校です!!とかはみんな書いてるのでやめます(笑)。もちろんすごく大切なことですよ、ホントに。

よかったこと、、、  あるんですよ。

1日のなかで予定を立てたことです

まず、その日にやるべきこと・やりたいことを書きだします。次にそのやるべきこと・やりたいことを、いつやるのかを書きだします。何時から何時、みたいな感じですね。そして、その予定を実行します。最後に予定と実際にやった量や時間を照らし合わせます。そうしていくと、予定を立てるのが苦手な人も、きっちり予定を立てて、予定通りに実行することができるようになっていきます。

なぜ予定を立ててやっていくのかというと、効率化を図るためです。逆に予定を立ててやらないと1日をダラダラ過ごすことにもなりますよね。そんな経験ありませんか?予定を立てて実行していくということは、自分を管理することと同義ですよね。ちなみに、自己管理能力が高い人は受験に受かる可能性が高いらしいですよ!

勉強面でいえば、センター過去問10年分を2回以上やったことですかね。自分は基礎力がまだ足りなかったので、センター対策は必須でした。過去問を解いてできなかった分野をきっちり復習をする、というサイクルでした。

 

次に『後悔したこと』です

たくさんあります、たくさん。夏休み中は朝から晩まで毎日頑張っていましたが、今思い返すと、後悔したことはたくさんあります。

まず、苦手な古文を詰められなかったことです。夏休み中に完璧にしようと思ったのですが、結果的には、うまくいきませんでした。

それに、日本史にもあまり取りかかれなかったことです。夏休み中に日本史にかける時間が少なかったせいで、夏休みあけはかなり大変でした。日本史の場合少なくとも、最低限、流れだけはつかんでおきましう。

他にも今思えばいろいろ後悔はありますが、1つ言っておきたいことは、今自分が全力でやっていると思っても今の頑張りっていうのは、直前期などに比べたらまだまだですし、なによりこれからもっと成長していくってことです。だから今の自分がMAXではない、もっとできる、って気持ちでつねに取り組んでみてください!

 

夏休みもあと少しで折り返し地点です。8/13にはプレ模試、8/27にはセンターレベル本番模試があります。まずはそこで目標点を突破しましょう!

 

 
今日の一問です
 
 
 
 
答えは①のlaidです。
lieとlayの区別をしっかりつけましょう!
lie-lay-lain-laing
lay-laid-laid-laying