夏休みやってよかったこと、後悔したこと~野田編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 8月 7日 夏休みやってよかったこと、後悔したこと~野田編~

 
こんにちは〜野田です
 
今日は高3の夏休みに自分がやってよかったことと後悔したことについて話したいと思います。
 
まずはやってよかったことです。私は英語と世界史が特に注視される国立大学を第一志望にしたため時間がたっぷりある夏休みでは世界史を何周も何周も繰り返して覚えてそれプラス問題集で出て来るプラスの知識をひたすら覚えていましたし、英語は毎日日記を書いていました。そのため秋に入るとほかの受験生よりも世界史の知識量が多く、英作文に関してもスラスラ書けるようになりました。夏休みで英語と世界史に時間がかけられたため、秋に入ると裏科目である数学や倫理にも時間を回すことができたので、国立大学の合格につながったのではないかと思いました。
 
続いては後悔したことです。私は朝型ではなかったので朝早く起きるとすぐに眠くなり、集中して勉強することができなくなっていたので、高2のうちに自分を朝型に変えればよかったなと思っています。また国立大学受験において不可欠な試験であるセンター試験の対策にあまり時間がかけられなかったのも後悔しています。
 
皆さんは後悔しないように充実した夏休みを送りましょう!応援しています!
 
 
 
 
 
今日の一問です。↓↓↓
 
答えは
Let’s consider the problem more seriously.
 
 
consider「~についてよく考える」は他動詞なので,前置詞は不要。