志望校を選んだ理由 | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 3月 23日 志望校を選んだ理由

こんにちは 山田です
暖かくなったり寒くなったりで季節の変わり目を感じますね。

この前の18日には綾瀬校で卒業式があり、
『あ〜 本当に1年経ったんだな〜』ってしみじみ思いました。
これから主として教えていく生徒は年齢でいうと2個下です。改めて考えるとなんか変な感じがします。

そんなことを思っている間にも時間は経過して、またから大学が始まります、2年生です。
『もう』2年生です。ホントに早い。ホントに。

こんな風に、大学生の時間というのは、あっという間です。高校生の時もそうだったと思いますが。それ以上に、です。

でも人生で最も多感な大学生の時期。
どこで、どんな人と、なにをして過ごすかって本当に大事だと思うんですよね。
どうせなら自分にとって良い環境で、良い人達と、良いことをして過ごしたいですよね。

そういう環境っていうのは基本的に待っていても遭遇しません。

自分で考えて自分で求めて自分で行動して、やっと出会えるモノです。少なくとも自分はそうでした。

自分で考えて求めて行動する。これって受験そのものですよね。
大学受験しようって思って、あの大学に入りたいと求め、実際に予定を立てて行動する。
まぁ簡単なことでは決してないですが自然と受験生が行なっていることです。

この考え実行するってことは受験以外でも絶対使えることなので、受験中にしっかり身につけておけるといいですね!

さて、どうしたらその環境に入っていけるのかは上記のプロセスで大丈夫だとは思うのですが、そもそも自分にあった環境ってなんでしょうか?深く考えたことありますか?

自分は恥ずかしながら、高校生の時にはあまり考えることができませんでした。だから志望校選びって本当に大事だったんだなー、ってしみじみ思います。

今だからこそ言えることとして2つほど

当たり前だけど入学後に学部は変えられない
入学して、この学部自分に合わないぞって、って思っても変えることはできません。4年間、なんか違うなー、って思いながら過ごしたくはないですよね?だからこそ真剣に悩んで学部選びをしましょう。大学選びも同様です。

好きなこと(興味のあること)×必要性を考えて選ぶ
自分の好きなことを主軸に大学・学部選びをしましょう!そしてできれば必要性も考えられたらいいですね。この必要性というのは他者からの、っていうことです。もっと言えば、必要性を生み出せる人間になれたらいいですね、めっちゃ凄いですけど(笑)。

上記の2点を考慮して自分の将来について物凄く悩んで深く考えてみてください。後の祭りにならないように。
それに、自分の将来を考えるって素敵なことだと思いますよ。
頑張っていきましょう!

 

 

 

それでは今日の一問です。

答えは

 

 

 

If it had not been for your help, he would have gone bankrupt.

解説

If it were not for ~を仮定法過去完了に置き換えると,If it had not been for ~となる。