模試の活用方法~山田編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 9月 5日 模試の活用方法~山田編~

 

こんにちは 山田です。

なんか急に寒くなってきましたね。風邪ひかないでくださいね。

 

今回も模試の活用方法ということで、進めていきますね。

模試の活用法は人によっていろいろあると思いますが、主に「現在の実力を知るため」「志望校との距離を測るため」「弱点を把握するため」「前回の模試からの伸びを見るため」などなどですよね。

今回特に自分が皆さんに伝えたいことは緊張についてです。まったく緊張しない、という人もいると思いますが、そんな人は稀ですよね(そう信じたい…)。緊張しますよね、頑張っているならなおさらですよね。自分はいわゆる上がり症で、模試ですっっっっっっっっっっっっっっっっっっっごく緊張していました。この前の8月模試では手が震えちゃうぐらいです。こんな私が本番までにこの上がり症に対してどう対処していったか、をちょっと書いていきます。

 

 

 

 

 

って思ったのですが、特に 緊張に打ち勝つ必勝法みたいなのはないですよ。やっぱり。でも、受験を終えて、冷静になって改めて言えることは、ズバリ実力をつけることなのですよ。受験生からしたら、この意見に対して色々思うことはあるとは思いますが、まぁなんというか、これが真理なのですよ。たとえば、今の受験生が中学受験をやっても緊張しませんよね。

 

 

 

あと、もっと軽い感じの対策としては、「時間ぎりぎりに行くこと」です。遅刻はしないでくださいね。よく言われるのが、会場には早めに行って準備をしておけ、とかですよね。はっきり言いますとそんなことしたら余計緊張します、というのが自分の意見です(笑)。これは人によると思いますが効果はあると思います。余計なことを考える前に試験が始まるので。

 

模試で大事なのは本番のように受けることです。次回の10月模試、全国統一テストにむけて頑張ってください!!

 

 

 

 

答え The train arrived at Tokyo Station on time.

arrive at ~で「~に到着する」。reach,set toも同じ意味を表す