模試の活用法~布川編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 9月 13日 模試の活用法~布川編~

 

皆さんこんにちは!! 布川です。

今回のブログのテーマは「模試の活用術」 皆さん先日のセンター本番レベル模試はどうだったでしょうか?しっかり自分の実力を発揮できた人、思うように成績が振るわなかった人、など様々だと思います。

結果はどうあれ、模試を受けたそのままにすることは一番よくありません。模試は自分の実力を測るためだけではなく、自分の実力を伸ばすために受けるからです。

 

たとえば今回の8月センター本番レベル模試は、夏休みに勉強したことがそどのくらい実力として身についてるのかを確かめることだけでなく、その夏休みの勉強法が本当に自分にあった勉強法だったのか、自分の現時点での弱点はどこなのか・・・などたくさん自分についての分析できる要素が沢山あるのです。だから、模試をどのように活用するかは今後の実力に大きく左右するので、非常に重要なんです!!!

 

さて本題に入りますが、僕が実践していた模試の活用方法は当たり前のことですが、できなかった問題の解き直しです。同じ問題がも一度出てきたときに二度と間違える事がないように復習しました。

 

ここまではほかの人の多くが実践していたことだと思います。ぼくの活用術のオリジナリティがあることといえば、ほかの人(友達だったり、先輩、先生など)に模試の結果を見せていたことです。僕は正直なところ模試でよい結果が出たことはあまりありませんでした。悪い結果からは目をそむけたくなるものです。そこで僕はその悪かった結果をほかの人に見せることで”客観的な視点”からみられることで、自分では気づくことができなかった自分の欠点や、今までの勉強方法でのよくなかったところの発見がありました。特に友達に見せたときに友達に負けていたらすごく悔しくて次からの勉強により気合が入りました。

 

要するに自分の結果に対して、しっかりと向き合うという事が一番の活用術です。簡単なことのように聞こえますが、意外と難しく、受験においてもっとも重要なスキルなのです。

 

今後も東進やその他の予備校で、多くの模試があります。しっかりと自分の結果と向き合って意味のある模試にしていってください。

 

今日の一問が下にあります。強者集え!!!

 

 

 

 

 

 

答えはこちら。できたかな?

 

Kate calls on her aunt every other day.

call on+人で「(人)を訪ねる」を意味する。