綾瀬校卒業式 | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 3月 20日 綾瀬校卒業式

 

どうもこんにちは、綾瀬校の吉岡です。

昨日は綾瀬校で2018年度の生徒の卒業式がありました。

 

受験勉強お疲れ様です!!

卒業式では、軽食をつまみながら、ビンゴ大会やこれない担任助手のビデオメッセージなどを見ました。

お堅い東進ハイスクールですが、この日のこの時間は特別ですね。

 

2018年度の生徒たちは1年間以上綾瀬校でがんばってきました。

毎日登校、毎日受講を続けたからこそ志望校合格できたと思います。

もちろん、全員が第一志望校に合格できた訳ではありません。

しかし、この受験勉強の経験は、人生のどこかでの支えになります!

 

私からは、卒業式でも一言言ったのですが、多角的な意見を聞いて、自分の主張のできる人間になってほしいです。

ツイッター、テレビ、新聞など世の中には多くの情報ソースがあります。その中には嘘であったり、人の偏見が多く含まれることもあります。

一つの情報のみに踊らされず、いろいろな立場からの情報を取り入れ、物事の本質を見極めて確固たる己の主張を持ってほしいです!

 

 

 

大学生になっても、これからも努力を続けられる人間になってください!

 

受験勉強、本当にお疲れ様でした。

 

 

それはさておき、新高3、2年はこれからが勝負です。春休みの勉強量は4月模試や、新学年の学力テストに大いに響いてきます。

それは最終的に受験に繋がっていきます。

春休みから早期スタート!がんばっていきましょう!

 

綾瀬校ではまだまだ招待講習、受け付けております。ぜひこの機会にがんばりましょう!

 

それでは今日の一問に参ります。

答えは下にあります。

If it were not for the change of seasons, how monotonous our life would be!

If it were not for ~は仮定法に特有の慣用句で,「もし~がなければ」の意味になります。