夏休みにやってよかったこと、後悔したこと ~吉岡編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 8月 14日 夏休みにやってよかったこと、後悔したこと ~吉岡編~

こんにちは、夏休みも中盤・お盆は終盤を迎えますね。

皆さんは帰省をしていてももちろん勉強していますよね??

今日は僕から、夏休みやってよかったことと、後悔したことをお教えします!!!

→やってよかったこと

この夏休みにやってよかったことは、朝登校と音読です。この二つのことを習慣化出来たので、夏休み後の勉強に良い影響を与えたと思います。

まず朝登校を習慣化出来たことで、冬休み、入試直前もだらけず、朝7時前から勉強を始めることが出来ました。

次に夏休み中に熟語の例文を音読していたおかげで、模試の点数も伸び、長文の読む速度が上がりました。また、音読も習慣化もできたので、二学期の長文音読にもすんなりと移ることが出来ました。

→後悔したこと

夏休みで後悔したことは科目のペース配分を誤ったことです。特に国公立志望の人は科目数が多いので、ペース配分をよく考えてほしいです。理系の人ははやめに古文漢文をやっておいたり、社会科目の教科書を目に通しておくなどしておくと良いです。自分の好きな科目ばっかりやっていると、受験本番にほかの科目が間に合わなくなってしまいます!!よく考えて勉強しましょう!!!!

 

下にスクロールしてチャレンジしてみよう!

その前に、体験授業の案内です☆

正解は、、、

He seems to be nothing but a liar.

→seem to ~で「~するように思われる」。 nothing but を反対にしちゃったりするんですよね~気を付けましょう。