こんな生徒は受かる!(谷治) | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 4月 17日 こんな生徒は受かる!(谷治)

こんにちは、やじです!

みんなおうちから出れなくて勉強するにも大変ですよね、、

今日は成績が伸びる人の特徴について書きたいと思います。

身近な例なのですが、私にはこの春から高校1年生になる弟がいます。

勉強はあまり好きじゃなく、母に言われて嫌々やっていた弟が

この1年間はじめて「受験生」を経験したわけですが、

彼はこの1年間でとても変わりました

今までずっと、母に言われるがまま学校や塾で出された課題を埋めるだけでした。

しかし志望校も決まり受験が現実味を帯びてきたある日、

英作文の問題集を持って私に質問にきました。

「回答にはこう書いてあるんだけど、この文でも正解じゃない?」

私はこの一言が、成績を伸ばすためにはとても大切だと思っています。

答え合わせは「〇か×か」だけじゃなくて、

もっといろんなことを学べるチャンスなんです。

4択問題で「こっちも正解だと思うんだけどどこが違うの」

「この選択肢はどういう場合なら正解になる?」などなど

自分から疑問を見つけられるようになってから、

弟はぐんぐん伸びていき

見事第一志望の高校に合格できました。

直前まで合格ラインに届くかどうかだった弟が

ラストスパートで点数をあげられたのは、

目の前の教材に対して疑問を持ち

少しでも多くのことを吸収しようとしていたからだと思います。

模試の成績が悪いとき、

「何を勉強したらいいですか」という質問に対して

私たちはきっと

「私は一問一答を3周したよ」とか

「僕は長文を毎日やって音読したよ」

といったアドバイスをするかと思います。

でも大事なのは「それをこなすこと」じゃなくて、

「どのようにその教材の内容を頭に入れていくか」です。

勉強の計画を立てるとき、考えるのが

「何をいついつまでにやって、、」といったことだけになっていませんか?

どうしたらもっと効率よく成績をのばせるか

一緒に考えてみてくださいね!

明日のブログはいたずらしてる時の顔がカワイイ堀さんです!お楽しみに~