そうです!僕が早起きの生みの親です! | 東進ハイスクール 綾瀬校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2021年 6月 28日 そうです!僕が早起きの生みの親です!

おはようございます!

高校時代に早起きが世界で一番苦手だったのに

このブログを書くことになっています。

担任助手一年の吉田です…

 

といっても

早起きを受験中にやらなかったわけではないです!

ちゃんと2週間くらいは早起きしてました!

つらすぎて挫折したんですけど…

 

実は僕

寝つきがものすごく悪い方で

ベットに入ってから2時間眠れないなんてことも

ざらにありましたし

なんなら自分の心臓の音で寝れなくなります。

なので東進から帰ってきて11時にベッドに入れても

寝るのは1時です。

5時に起きることにしていたので

睡眠時間は4時間ほど。

さすがに4時間睡眠を続けていると、

学校や塾での集中力が格段に落ちてしまって

朝の早起きで勉強時間は確かに増えたのですが

勉強の質も急落。

逆にだらだらするタイプの勉強になってしまいました。

本末転倒ですね。

 

そのような完全夜型人間だったので

まずは早く寝つけるようになることから始めました。

初めに試したのはアルファベット順に思いつく単語を

片っ端から頭に浮かべていく方法です。

apple, art, architecture, … ,bring, bear, …

みたいに。

これを始めたころはいい感じに寝つきもよくなったのですが

毎日繰り返していると同じ単語ばっかりになっていって、

無駄に新しい単語をなにか出そうと脳をつかうので、

だんだん効果がきれていきました。

 

次に試したのが

いまもたまにやっている

個人的に一番効いた方法です。

初めに裏紙でもなんでもいいので紙とペンを用意したら

あとはその日あったことや不安なこと

明日やらなければいけないことなど

とにかく寝入るまでに自分が考えそうなことを

一通り殴り書きして達成感(?)を感じてから

ベットに入るのですが

これが驚くほど眠れました。

さっきの方法と違って、毎日殴り書きする内容は異なるので

一生使ってられます!おすすめです!

 

眠りに入るまでは上記の方法で改善されたのですが

完全夜型人間です。

しっかり起きることもむりでしたので

起きるときには

なにか目的をつくっていました。

もちろん勉強でもいいのですが、

なかなかテンションが上がらないので

自分が好きなことを目的にしていました。

たとえば自分の好きな飲み物を飲むようにしたり

僕は好きなお笑いの動画があったので

それをみるために起きるようにしたりしていましたね。

 

なかなか難しいと感じる(僕だけかも)

早起きですが

朝早く起きて学校に行くときの

気持ちよさは特別です。

ぜひ皆さんも朝は早くおきれるように

頑張っていきましょう!

 

次回のブログは小林先生です!

お楽しみに~!