センター試験対策対策過去問演習講座について~小笠原編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 6月 21日 センター試験対策対策過去問演習講座について~小笠原編~

みなさんこんにちは!小笠原です。

今日は自分が生徒時代にどのようにしてセンター過去問演習に取り組んでいたのかを説明したいと思います。

その中でも特に自分が力を入れていた古文と日本史について紹介します.

 

古文

自分は全科目の中で古文が一番苦手でした。

なので東進に入ってから、古文単語をひたすら覚えたり、受講をたくさんやっていましたが、実際に模試を解いてみると問題文を読むのに時間がかかったり、まだなんとなくで文章を読んで問題を解いてたりして全然得点をとれませんでした。

そんな状態で演習しても意味があるのかと高校生の自分は思っていましたが、とりあえず一度古文の大門分野別演習を解いてみてください。最初は全くできないと思いますが、解説を見て単語や文法の抜けているところを確認して、解説授業を見て解き方を学ぶ。初めはこの繰り返しです。自分はこのやり方で徐々に文章の曖昧な理解から確実な理解ができるようになりました。

日本史

日本史は主に暗記で勉強していく科目ですが、効率よく日本史を勉強していく上でセンター過去問演習講座はとても便利でした。

片っ端から一個ずつ覚えていくより、数年分過去問を解いて、自分の苦手な時代や分野をあぶりだして、そこを重点的に復習していくことで手間が省けるので、他の科目の勉強に時間を使えたりします。日本史は何度問題を解いてもどこか抜けているところが必ず出てくるので途中で嫌になる時期もありましたが、根気よく続けることで、8月の模試で大きく成績を伸ばすことができました。

人によって様々な解き方がありますが、やはり重要なのは演習量です。まだ一度も手を付けていない人はとりあえず一度やってみてください。それでわからないことがあったら気軽にスタッフに聞いてみてください!

 

今日の一問にチャレンジしてみよう! ↓↓↓

 

答えはTake a rest when you feel tired.です。