センター試験対策対策過去問演習講座について~早坂編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 6月 19日 センター試験対策対策過去問演習講座について~早坂編~

こんにちは、早坂です!今回は、自分がどうやって過去問演習講座を活用していたのかをお話しさせていただきます!

~英語~

英語に関して自分が一番苦戦したのが大問した。

自分みたいに文法まで完全修得したのに、全然大問2が取れないという人はいませんか?

そこで活用するべきなのが大問分野別演習講座です!

大問分野別の大問2の制限時間は10分と短いので一日最低1回は解いていました。

何が大事かって、やはり、復習です!

ここで問題なのが多くの人は、解答見て、理解して...終わりということです。

それで本当に理解できたのでしょうか?

その復習のあと、同じ問題を解いて満点が取れましたか?

それで取れるならいいのですが、多くの人はそれだけでは取れないと思います。

では何をするべきなのでしょう。多くの人がやるべきでやっていないこととは、

もう一度解くということです。

消去法でその選択肢はなぜ不正解で、なぜ正解なのかを考え、解答のプロセスを追いながら解きなおすことでもう一度似た問題に出会ったときに必ず解けるようになります。

それを大問分野別の様々な問題でやっていくことで、大問2が解ける力がついていきます!

Let’s 毎日 大問2!

 
 

 

正解は②atです!さて、なぜでしょう?

be glat at ~ で~を喜ぶ、~でうれしいなどの意味のイディオムがあるのを覚えていますか?

appeareは ~に見えるという意味の単語ですが、これはbe動詞の代わりとして使える単語です。

なぜなら、~に見えるということは = でつなげる関係だからです。

イディオムはしっかり覚え、その応用もしっかりできるようにしましょう!