僕のお気に入り参考書~山崎凜太郎編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 7月 18日 僕のお気に入り参考書~山崎凜太郎編~

皆さんこんにちは!

担任助手1年の山﨑凜太郎です!

 

最近晴れた空を見ていない気がします、、

 

なんかもう、7月いっぱいになりそうな

 

勢いですよね、、

 

けど!そんな時こそ元気いっぱいで

 

頑張っていきましょう!!!

 

さて、今日のお題は

 

「僕のお気に入り参考書」

 

ということで

 

以前の山﨑里奈先生のブログの

 

シリーズものになっています!

 

実を言ってしまうと

 

私もNextStageを紹介しようと思っていたのですが、

 

先を越されてしまいましたね笑

 

なので!今回は

 

日本史のオススメの教材と使い方について

 

書いていきたいと思います!

 

まず、なんといっても

 

おすすめ教材と言ってはこれ!

 

「金谷俊一郎の日本史B 

一問一答 完全版」

 

です!

 

まあたぶん、言われなくても使ってる人が

 

多いとは思いますが笑

 

ですが!この教材のいいところは

 

受験に必要な日本史の単語が

 

網羅されていることだけでなく、

 

他にも沢山の利点があります!

 

①★の数で難易度が分けられている

 

星の数が多ければより頻出となっており

 

自分の志望校に応じて難易度を設定することができます。

 

②問題文にも赤文字があるので

一方通行になりにくい

 

これは、一問一答あるあるなのですが、

 

一問一答の聞かれ方で問われれば

 

答えられるのに

 

別の聞き方で問われると

 

答えられなくなる現象を解消してくれます!

 

何周もやって、覚えてしまった問題は

 

今度はは答え虫食いになっている

 

問題文を見て、答えてみる

 

というような勉強もできます。

 

③語彙の意味の確認ができる

 

私は主に一問一答を語彙の意味の確認のために

 

使っていました!

 

日本史をやっていると

 

あれ?これって結局なんなの?

 

みたいになることありませんか?

 

例えば、「名主」ってなんなの?みたいな

 

私大では一問一答形式の

 

問題が多く出題される傾向が

 

あるので、語彙の意味を明確にする

 

ということが欠かせなくなってきます。

 

簡単にまとめてみましたが

 

いかがでしたでしょうか?

 

また

 

自分なりの使い方ができることも

 

この参考書の魅力でもあるので

 

ぜひ!これからの勉強に活用してください!

 

明日のブログは中川先生です!お楽しみに!