元逆転合格者から | 東進ハイスクール 綾瀬校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2021年 6月 24日 元逆転合格者から

 

こんにちは!

担任助手1年の、

大喜多悠河です!

今日は、自分の1年前の

かっこいい逆転の話をしたいと思います。

自分は、高3始まったばかりのころは、

高校で成績がワースト1位でした。

同期の友達からは、

「お前やばいな、

お前が立教行ったら雪降るわ」

とか言われてました。

そのすぐ後、

約1か月後くらいから本格的に

東進で受講を始めました。

みんながまあまあ受験勉強を

始めだしたこの時期に、

いきなり死ぬほど勉強始めちゃえば

俺絶対受かるんじゃね?と思い、

毎日4コマ以上受けていました。

そして、6月末にやっと受講を

終わらせることが出来ました。

それから共通過去問を

鬼のようにやりました。

でも点数は全然伸びませんでした。

そして、夏休みが始まりました。

そこらへんで自分の

体力が切れてきました。

ですが受からなかったら

死ぬぞくらいの気持ちで

常に勉強していました。

ですが、8月模試の結果は、

リーディング8割いかず、

リスニング7割いかず、

現古ギリ7割、日本史5割でした。

そこからはもうひたすらやりました。

8時に起きるのもつらかった自分が

5時半に起きて勉強してから

学校に行って、学校終わったら

誰よりも早く東進にきました。

仲良い友達とも昼休みに

問題を出し合う以外は

ほぼ話さず勉強しました。

10月模試。

リーディング以外点数下がりました。

やっと逆転の要因となった

単元ジャンル別演習を

本格的に解き始めました。

また、共通過去問もやりつつ

やっていたら、

リスニングのコツをつかみ、

爆上がりしました。

単元ジャンルで日本史と

国語を解きまくっていたので、

どんどん解き方もわかってきて

点が上がってきました。

12月模試。

リスニングは爆上がりしましたが

リーディング8割を切り、

日本史もまさかの5割。

そこから本番までの1か月間は、

今までの努力をフルに活用して、

永遠に単元ジャンルで

演習していきました。

そうです。私が模試であほみたいな

点数しかとれないくせに

本番なぜかめっちゃ点高いおじさんです。

共通テスト本番。

受講をめちゃめちゃやった日々、

共通過去問や単元ジャンルで

演習しまくってた

ここ数か月の成果が

本番その日にきました。(笑)

リーディング9割超えれて、

(リスニングは7割ちょいでした……

まあ、めちゃ難化したから

おれは悪くないもんね)

現代文も9割超えて、

日本史も12月から36点上がりました。

これが努力の成果です!

正当な方向性をもって

正当な量をこなされた

努力はむくわれる!

By 林先生

明日のブログは杉本先生です!

お楽しみに!