冬に受験勉強を始めたわけ  布川ver | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 12月 3日 冬に受験勉強を始めたわけ  布川ver

こんにちは!布川です。

なさんテスト期間中だと思いますがどうでしょうか?満足いく結果を出せそうでしょうか?高3生は志望校の過去問の合間を縫いながらの勉強で大変ではあると思いますが、そこをどのように計画立てて効率よく進められるかがテスト期間終わった後でも大切になってきます。がんばってください!

そして今日は高1,2年生のあなたに向けて書いていこうと思います。

 

テーマは

「冬に受験勉強を始めたわけ」

 

高1,2の皆さんもテスト期間で勉強が大変な時期だと思います。ただ、実は自分たちのセンター試験の本番まで1年と1か月(1年生は、2年と1か月)まで迫ってきています。「まだそんなもんかよ」と思った人は思い直してください。詳しくは省略しますが、受験の勉強を完成させるのに1年ってホントに短いんです。。。1年生でも難関大学に進学したいのであれば2年間ってなかなか短いです。なのでそろそろ受験について本気で考える時期ではないかと思います。

そんなこと言ってお前はこんな時期に始めてたのか?と聞かれると、僕はテスト勉強で精一杯で受験勉強どころではありませんでした(笑)でも、受験を確実に意識はしていたので定期テストの終わったころにめちゃめちゃ忙しい部活(野球部)の合間を縫って単語帳を買ったり、参考書を進めたりするようになりました。

 

ぜ意識していたかというと、予備校に通っている友達の話を聞いていたからです。(W君です)W君によれば、「予備校の周りの人はもう定期テストの範囲なんてとっくに終わっていてもう受験勉強しかしてないよ。絶対早くどっかの予備校はいった方がいい。」だというのです。当時の僕はなにどっかの塾の漫画の広告みたいなこと言ってんだこいつは(笑)と思いましたが、それを肌で実感する事件が起きたんです。

 

れは学校で模試を受けたときでした。僕は数学は得意だったので、受験勉強はしていないといえど8割くらいは余裕で取れるだろと思っていました。(笑)結果は惨敗。ホントに泣きそうでした。でも点数以上にショックだったのはそのW君の点数が僕の倍以上だったことです。

受験勉強をちょっと早く始めているだけで

こんなにも違うのかと。。。だから野球部で忙しくても移動時間の間で単語帳を開くようにしたり、部活がオフの日は遊ばずに参考書をやるようにしていました。

 

もひとつ後悔があるとするなら、自力で参考書をゴリゴリ進めるだけだったという事です。部活で忙しいからこそ求められるのは効率性で、その効率性の上げ方を熟知しているのが予備校なのにそれを利用しなかったことをいまだに後悔しています。

 

東進では現在冬期特別招待講習を行っていますが、僕みたいな忙しい高1,2生ほど特にオススメです!!

「受験に向けて始めないといけないのは分かってるんだけど・・・」、

「このテストの結果で受験なんて・・・」 

などかんがえているあなた!是非綾瀬校に足を運んでみてください。電話でも大歓迎です。この冬を皆さんの人生の転機にしてください。待ってます!!

安河内先生の特別公開授業も予定されているので、興味がある方はそちらもぜひ!!!

 

 詳しくは以下のバナーをクリック!!
 ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓  ↓

 

 

英語の文法の実力を試せるOne Point Englishに挑戦してみよう!!

答えはこちら ↓    ↓    ↓    ↓    ↓   ↓   ↓

 

 

 

 

 

You are not allowed to speak unless spoken to.

unless「~しない限り」を用いた文。unlessの後は(主節と共通の主語+be動詞)の省略が可能。

ここではunless you are spoken to が元の形。