勉強と休憩のバランス | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 8月 24日 勉強と休憩のバランス

こんにちは!担任助手2年の西村です。

共通テスト本番レベル模試

お疲れ様でした。

結果が良かった人、悪かった人、

様々だと思います。

模試は、復習して、結果を分析し、

今後につなげることが1番大事です。

本番はまだまだこれから!

今回の結果に一喜一憂せず、

がんばっていきましょう^_^

 

ということで、

みなさん、夏休みたくさん

勉強してきたと思います。

1日15時間ってとっても疲れますよね。

人間ざんねんなことに、

永遠に集中できません。

だからこそ、休憩をどうとるかが

とっても大事!!!

 

1日のスケジュールは

皆さん立てていると思いますが、

私は受験生時代、

一つの予定が終わるごとに

休憩をするようにしていました。

 

長く時間がかかる場合は、

だいたい1時間半くらい勉強して

10分休憩してました。

ここで私がお伝えしたいのは、

あくまで、

時間ではなく、

やることが終わったら休憩する

ということです。

1時間半経ったら休憩する

というのはもちろん良いと思いますが、

私の場合は、そうすると

時間を待ってしまい

勉強が進まなかったので

1時間半分の勉強量を考えて、

それが終わってから休憩してました。

 

必然的に、早く終わらせて休憩するぞ!

という気持ちになれるので、

休憩は、繰り返しになりますが、

時間は目安で、

やることをやってから休憩する

というのがおすすめです。

 

 

また、休憩にも種類分けをしてました!

例えば、少し集中力が途切れただけなら

休憩がてら高マスなどの軽いものをやって

気分転換をしたり、

昼食後は必ず15分昼寝をしてから

勉強するようにしたり、、

昼寝は、寝れなくても

目を閉じているだけで

リフレッシュされ、

午後頑張れるのでおすすめです!

 

また、どうしても集中できない日は

好きな音楽を3曲ほど聴きながら

校舎の周りを散歩していました。

あとはチョコやラムネ!

糖分を取りましょう^_^

 

最後に、西村なりの休憩の掟です。

 

休憩している時は一切

勉強のことを考えるな!

 

休憩は休憩です。

10分とるならその10分は

勉強以外のことを考えてください。

もしくはしてください。

勉強は本当にメリハリが大事です。

やる時はやる、やらない時はやらないの

スイッチをうまく使い分ける

ことが大事です!!

自分なりで良いので、

勉強との付き合い方を探して

みてくださいね。

 

また、「めっちゃつかれたーーー」

ってときは、ぜひぜひ私たちに

話しかけに来てください(^_^)

 

最後まで読んでくれて

ありがとうございました。

このブログが少しでも

誰かの参考になったら嬉しいです。

明日のブログは、金子先生です!

お楽しみに!!