卒業ブログー小島編ー | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 6月 6日 卒業ブログー小島編ー

 

こんにちは、3年の小島です!

僕にも「最後のブログ」というものを書く日がやってきてしまいました。

受験生として高校2年の12月に綾瀬校へ入学し、担任助手として2年間働いた今、

皆さんに言いたい言葉や教訓はたくさんあります。

その中で、一番言いたいこと、言っておきたいことを今回書きます。

朝礼でも言ったことです。

それは「学力が全てではない」ということです。

受験勉強において、学力はめっちゃくちゃ重要です。

入学試験では学力が試されます。

だから、その学力をつけるために皆さんは東進に入学したし、

毎日毎日勉強しているわけです。

ただ、学力をつけることだげが全てなんでしょうか?

毎日毎日何十時間も勉強して、教科書や参考書を隅々まで覚えれば

大学に合格することはできるのでしょうか?

僕は、その学力にもう一つ付け加えたい。

それは「自分に対する自信」です。

この先、受験勉強をしていく中で何度も心が折れると思います。

思うように点数取れない、自分が思ったように時間を操れない。

目標と現状との差を突きつけられる時って、絶対に来ると思います。

その時にいかに自分に対して自信を持てるか、自分を鼓舞させられるか。

その力って、とても大事だと思うんです。

人間、失敗があるから成長できます。ただ、受験期はその失敗が心に直接刺さります。

時期が限られてるから。こんなにやったのになんで!?

どうしたらいいの!!??そんな時こそ、自分に自信を持ってください。

言い方を換えると、自分の労力を正当化すること・認めてあげること。

あんなにやったのに、なんで変わってないの?

ではなくて、あれだけやった努力は今○○の実力につながっている、と。

それは自分に対する根拠のない自信かもしれません。

それでいいんです。自信に根拠なんかなくたっていいんです。

とにかく自分はできる、自分はできる、そう思い続けること。

どんなに辛い状況にいても、自分だけは自分を裏切らないこと。

僕はセンター試験を失敗して、国立二次試験の判定が悪くて萎えました。

ただ、何故か自分なら受かる自信がありましたし、実際に逆転合格できました。

また「自分に対する自信」はスキルです。

この能力を生まれながらにして持っている人もいるでしょう。

そして、この能力を持っていない人は自分は人種が違う、、、

といって諦めるのではなく、この能力を身につけようとすることで習得できると思います。

常に自分に対して自信を持つように意識すること。

意識的に自分のマインドを変えていくと、心は変わっていきます。

学力と自信。これが受験に勝っていくための二大装備だと僕は思います。

みなさんには大学に受かってほしい。笑顔になってほしい。

だからこの言葉を残していきます。

前にそびえる険しい山々を、勇猛果敢に突破していく皆さんを期待しています。

そして応援しています。今までありがとうございました。

頑張ってくれ!!!!!!


今日のお悩み相談

【⠀ラジオネーム 次郎⠀高3】

暗記をしようとすると眠気が襲ってきます。問題演習の時は眠くなったりしないのですが、どうすればいいでしょうか。毎日12時前には必ず寝ているので原因がわかりません。

 

内村先生:暗記の時に眠くなるのはもはや仕方ないので、座って覚えるのをやめましょう。自分はよく覚えたいものを声に出しながら家の中をグルグル歩いていたりしました。結構覚えられるのでおすすめです。

堀先生:暗記は私もめちゃくちゃ眠くなってたので、絶対今やったら寝ちゃうな!という日は、「今からは暗記の時間!」を作るのではなくて本当にちょっとずつを何かの合間(この長文解いたら古文単語5個覚える〜とか)で覚えるようにしてました。あと眠くなってしょうがなかった時に調べて、「お腹が空いている時が1番集中して勉強できる」と書いてあったのを見てからお昼ご飯の前に社会科目の勉強をしてた事を今思い出しました:ほっ:

吉野先生:眠くならない為にはレッドブルがおすすめみたいです!!受験期を思い出すと私も暗記をする時はめっちゃ眠くなってました!!内村先生と内容がかぶってしまいますが、私は音読室で声に出して読んだり、校舎の周りを歩きながら覚えたりしていました。友達に会った時はすごく気まずかったのでやるとしたら気をつけてね!神経を2つ以上使うようにはしてました!口を動かすなり、ペンを動かすなり!!試してみてください!

 

明日のブログは渡邊先生です!! お楽しみに!!

最新記事一覧

過去の記事