卒業ブログ~石原編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 6月 10日 卒業ブログ~石原編~

みなさんこんにちは!
もう社会人1年目に

なってしまいました石原です笑

1人しかいない社会人なので、

現役担任助手とは違う視点として

「社会人だからわかる!

大学時代にやっておくべきこと」

をテーマにします!

(受験生なのにもう大学時代の話!?

と思うかもしれませんが

息抜きだと思って

最後まで読んでくれると

嬉しいです!)

ずばり!
「どんなことでもいいから

努力する事柄をつくる」
言い換えると、

アルバイトでも留学でも

なんでもいいから、

自分が頑張りたいと思うことを

つくることです。

私を例に話すと、

私は大学時代

「ゼミと東進でのアルバイト」を

頑張りました。
その二つから得たことは、

人の気持ちを動かす

難しさとやりがい、

そして、一緒に努力できる仲間達です。

こんな風に書くと、

まるで就職活動の面接のようですが

今回伝えたいのは

そこではありません。
頑張ったと胸を張って言えることがある、

そこで得たものや仲間は、

ずっと変わらず自分に残り続けます。
社会人になった時に、

大学時代頑張ってよかったな、

あの経験ってここに繋がるんだって

分かる瞬間が来ます!

みなさんが、

何もなかった大学時代ではなく、

こんなことを頑張った

大学時代だったな

と思えるように

「どんなことでもいいから

努力する事柄をつくる」

ことを忘れないでほしいです。

高校生のみなさんに

なぜこんな話をしたかというと

、大学生になったからといって

急に努力できるわけではないからです。
今までの人生、

特に受験生時代に

努力できた人は

その先の人生も努力することが

当たり前になり、

努力=辛いとは

感じなくなります。
当たり前に努力できる人って

めちゃくちゃ凄くないですか?
私はみんなに

当たり前に努力できる人に

なってほしいと思っています!

最後に!
担任助手に沢山頼ってください!

みんなが頼ってきた時、

綾瀬の担任助手は

必ず助けてくれます!

辛い事も多い受験勉強だと思いますが

それを乗り越えた人は強いです。
心から応援しています!

頑張ってください!
4年間ありがとうございました〜!
(最後のブログ、長くなってごめんね。

ここまで読んでくれたそこのあなた!

ありがとうございます!)

 

今日のお悩み相談
【⠀ラジオネーム みかん⠀高3】
数学に何時間もかけて、ほかの教科に手がつかない。
かと言って数学も十分にできてるわけではない。 

林田:正直、志望校の教科と自分が合格のために各教科最低◯点は取りたいと考える点数配分によって教科ごとの時間のかけ方は変わると思います。ここで情報がないまま答えてしまうのはちょっと危ないかなと思うので、担当の先生なり僕なり相談しやすい人に相談してみて下さい!

大森:ほかの教科に手が付かないのは改善すべきですね。
何時間もかけてるのに、十分にできてるわけじゃないから、短時間で効率よく学べる方法を探って見つけて勉強法を確立してください。このまま先に進んでもいつかこれを克服しなきゃいけない時はきます。気づいた時が一番早い。こないだのHRで伝えた通り、克服しなきゃと気づいたなら今から勉強法を探し始めよう。

岩瀬:数学が受験教科ではなくて申し訳ないのですが、1つの教科だけに時間をかけすぎるのは変えていった方がよいです!文系理系問わず、1日で触れない教科を作らないようにするのは大切だと思います。