単語の覚え方 ~阿部編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 11月 27日 単語の覚え方 ~阿部編~

 

こんにちは!こんばんは!

最近、TOEICに向けて電車で高速基礎マスターやりまくってる阿部です!

 

本日は単語の覚え方について話します。

まず、やる気と方法の側面について考えなければいけません。

 

①自分のやる気を出させる方法

・基礎を学ぶ事を楽しむ

基礎を頑張って学び、勉強が楽しくなる未来を想像して頑張っています。

 

・週間ランキングで1位を取り褒められること

生徒時代も、大学生の今でも褒められれば単純に嬉しいです。

 

・英語の重要性を改めて認識する。

これはTOEICに限ったことのように思えますが、受験期に培った英語力はTOEICにおいてもそのまま反映されます。

つまり、高校生のみんなが勉強している英語というのは、人生の財産になりうるという事です。

 

②勉強方法

・高速基礎マスター→書いて暗記

受験期も今も高速基礎マスターを活用しています。

やはり、高速基礎マスターはどこでもいつでもできるため開始のハードルが低いので続きます。

間違えた単語は必ず英語+意味のセット×10を書いて覚えていました。

 

・高速基礎マスターを決まった時間、場所で行う

自分は必ず電車に乗ったら高速基礎マスターを触れるように意識しています。

これが習慣化されれば、難なく高速基礎マスターをこなすことができます。

 

 

人によって会う合わないはあると思いますが、

特に高1、2生は今のうちから自分に合った勉強法を探す意識もしておいてくださいね!!

 

 

ではでは、お待ちかね今日の一問です。

 

 

 

 

 

 

答えは、He would not give in to anyone in argument.

not ~ anyoneで「だれも~ない」という完全否定の意味になりますね。

give in to~で、~に負けるという意味なので、これを機に覚えましょう!