受験と不安 | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 10月 10日 受験と不安

 

みなさんこんにちは!

 

諸事情がありまして

 

優しさの権化と呼ばれている林田先生の

 

代打を務めます

 

担任助手一年の山崎凜太郎です!

 

最近は、台風の影響もあり雨の日が続き

 

気温が一気に下がりましたね、、

 

自分は暑いよりは寒いほうが耐えられるのですが

 

季節の変わり目なので

 

体調管理だけは怠らないようにします!

 

はい!前置きはここまで!

 

今回のテーマは

 

「受験と不安」

 

ということで

 

以前、10月8日の西村先生のブログでも

 

少しお話してもらいましたが

 

自分からも、不安な気持ちとどう向き合うかについて

 

話していきたいと思います!

 

西村先生のブログで

 

「不安を感じるのは、それだけ勉強に向き合えている証拠」

 

と話してもらいましたが

 

とても良い指摘ですよね!!

 

 

今まで、自分なりに頑張ってきたからこそ

 

無意識に、目標達成に対する不安感が増えていっている。

 

決して、ただ単に目標と実力とのギャップから来る

 

不安では無いと言うことですね。

 

はい、

 

誰しもが感じていると思います、

 

不安。

 

どんなに勉強したって、

 

どんなに模試でいい成績を取ったって

 

本番ではどうなるかは分からない。

 

これは私が受験生の時にいつも思っていたことです。

 

実際、合格発表のその瞬間まで

 

この不安感は消えません。。

 

言ってしまえば「しょうがない」のです。

 

何故ならこの世に「絶対」なんて存在しないから。

 

意外とこのことは当たり前すぎて忘れ去られがちですよね。

 

今皆さんは恐らく

 

悪い方の「絶対は無い」を想像したかもしれませんが

 

逆も然りと言うことも忘れずに、、

 

 

と、ここで!突然ですが

 

皆さんはこの漠然とした不安感の正体について

 

考えたことはありますか?

 

、、、、、、

 

たぶん

 

「合格できるかどうか」

 

「ミスしないかな、、」

 

のような不安が大半だと思います。

 

そう、つまりこれは

 

「未来」に対する不安なんですね!

 

じゃあ、未来ってなんなんだろう。

 

これは難しい質問ですね笑

 

ですが、私はこれ関して

 

「未来とは今の連続である」

 

という説を推します!

 

これはつまり、

 

「未来」を「今」と切り離したもので考えるのではなく

 

「未来」=「先にある今」と考えることです。

 

もちろん「過去」も一緒です。

 

「過去」=「前の今」

 

 

ここには「今」しか無いのです。

 

「未来」も「過去」も「今」の私たちの

 

意識の中にあるだけなんです。

 

「過去」の後悔も

 

「今」の自分の考え方次第で捉え方を変えられます。

 

「過去」があって「今」があるんじゃなくて

 

「今」が「過去」を決めるんです。

 

そして、「未来」も

 

「今」の自分の行動次第でいくらでも変わっていきます。

 

ありもしない「未来」に嫌になっているのはもうやめましょう。

 

 

「今」を大切に、全力で「今」を生きましょう!

 

なんか。すっごく哲学チックな話になってしまいましたね笑

 

こういう果てしない話がとても好きなので

 

このブログを見てくれた方で

 

こういうことを語り明かせる人がいましたら

 

声をかけてください!笑

 

明日のブログは

 

天然の権化とも名高い山崎里奈先生です!

 

お楽しみに!!