受験生時代を振り返って | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 12月 13日 受験生時代を振り返って

 

こんにちは!綾瀬校担任助手の吉野陸人です!

最近結構な頻度でブログに登場しています!

年末年始ってワクワクしますよね!

受験生には無いですが。。。

去年は、12/25~1/4までの11日間

ベトナム共和国に国外逃亡していました!

フィリピン留学時に出会った

ナンシーちゃんに会いに行ったんですね!

彼女はベトナムを知り尽くしたので、

ローカルで安全な安いレストランに連れて行ってくれて

ツアーガイドのように私たちをもてなしてくれました!

現地人の友達がいると時間を有効活用した

最高の旅行ができると思います!

皆さんおすすめです!大学生は楽しいですよ!

安心してください!今年の大晦日は皆さんといます!(笑)

 

さてさて、今回のブログトピックは

受験生時代を振り返って」ということで

私の受験生時代を話していきます!

 

まず言えるのが、

受験生時代は東進で1番勉強量が多かった自信があります!

(実際には知らないけど自信なので。。。)

その自信が、自分のモチベーション維持に

1番効果があると分かっていたから

誰にも負けてないと言えるくらい勉強量は確保していました!

モチベーション維持法は人それぞれ違いますが

1つで良いから見つけてそれを貫いてください!

 

ここからは時系列で。

受験勉強を東進でしっかり始めだしたのが高3の8月です。

今思えば大学行けて良かった~レベルのスタート時期ですね。。

基礎が何もなかった私は通期講座125コマも8月開始です。

マジで辛かった。

 

8月のセンター模試では

私の担当に笑って英語5割でした!と言ったら

「やばい生徒を持ってしまった。」と思われてたらしいです(笑)

まだその頃ヤバさに気づいてませんでした。。

 

でも自信を持てる程の勉強量は

部活がきつかったせいか維持できました!

その結果英語は本番、筆・リス共に8割越えできました!

(少し自慢)

これは何でだろうと考えた時、12月の模試後の1か月は特に

死ぬほどやったことだと思います!

現役生はそこに大いなる伸びしろ絶対にあります!

もし、今日の模試で何かあってもしょげてはだめです!

明日からの1か月が勝負ですから!

 

そして私の失敗を話すとともに

皆さんへの注意喚起としたいと思います!

 

 

失敗①12月のセンター模試 英語筆記のマークミス50点減

この模試の判定によってどこに

出願するかどうかを決める大事な模試です!

そこでマークミスを犯すと判定は不正確、

何の意味もない帳票が返却されますから

絶対に気をつけて下さい!

本番にいきなり大問解く順番を変えるような

馬鹿な真似はしないように!(←私)

                            

   失敗② センター本番、社会科目の日本史BではなくAを解く。

「今年は傾向が全然違うなぁ」と思いつつ

大問1を解き終わり経過時間は10分。

何か異変を感じ、問題数を見てみると2問少ない。。

なにこれ~今年変わりすぎ~!!

と思っていたらあれ、、Aじゃね??

となり、その瞬間汗ヤバい。。

社会科目は問題冊子が全部一緒でそれで

まちがえてしまったんですね。。

毎回のルーティーンが崩れると絶対に点数下がります!

気をつけてください!

 

今日朝見た人はこれから模試!

夜見た人はこれから1か月!共通テスト本番に向けて

突っ走ってくださいね!

応援してます!

明日のブログは中川先生です!お楽しみに!