夏までに基礎を固めないといけない理由 | 東進ハイスクール 綾瀬校 大学受験の予備校・塾|東京都 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2021年 5月 1日 夏までに基礎を固めないといけない理由

みなさんこんにちは!

最近はクラゲのような生活をしています。

時間に追われるのではなく、

ふわふわふわふわしています。

 

5月からたくさんのことに挑戦していきたいと思います。

 

大学3年生になりました!

担任助手も3年目!中川です!

 

5月はGWがありますね!

 

GWが終わったら体育祭、そして、待ちに待った夏休みです!

 

夏休みは受験の天王山と言われていますが、

 

受験生のみなさんは死ぬ気で過去問を解いていることでしょう。

 

夏休み中で過去問を10年分終わらせることができないと、

あとがどんどんつらくなります。

 

併願校の過去問が解けない、

過去問を解くことで発見できた

自分の苦手な範囲の復習がでいない、、、

 

過去問を夏休み中に解き切ることができない人の特徴は、

夏休みまでに復習が終わっていないことに共通しています。

 

知識のインプットが雑で復習が全部できていないと

夏休み中に復習に戻ったり解きなおしに時間がかかったりして

思うようなペースで解くことができないため

夏休み中に過去問を解き切ることができません。

 

そうならず、有意義な夏休みを過ごすためには

夏休み前に全科目のインプットが完全に終わっており、

知識がしっかりと定着している必要があります。

 

夏休み中に過去問を解き切って

晴れ晴れとした気持ちで新学期を迎えるのか、

基礎力が完成していないせいで

過去問が解き切れず

焦りを抱えたまま新学期を迎えるのか、

あなたはどんな気持ちで新学期を迎えたいですか?

 

明日のブログは田島先生です!

お楽しみに~(^-^)/


全国統一高校生テスト