夢に向かって~布川~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 9月 27日 夢に向かって~布川~

こんにちは! 今日のブロク担当は布川です。

 

最近みなさん調子はどうでしょうか?学校が始まり、忙しい毎日を過ごしていると思います。東進生のみなさんは冬季一斉申し込みでたくさんの受講をしなければならずそういった面からも忙しい時期だと思います。

 

さて、そんな忙しい時期だからこそもう一度考えて欲しいことがありあます・・・。それは、なんで大学受験するのか?なんでその大学を志望するのか?ということです。そこで今日のブログのテーマの僕が

「将来の夢、将来のために何をしているか?」ということを書いていこうと思っています。

 

まずは少し僕の通っている学部の紹介をしていこうと思います。僕は青山学院大学の社会情報学部に通っています。社会情報学部とは俗にいう分離融合学部で、理系の専門科目から経済学のような一般的には文系扱いの科目に関しても学ぶことができます。

 

さて、僕の将来についての話ですが、僕は将来「データマイニング」を仕事にできたらいいなと思っています。データマイニングとは、情報社会の現在では様々な情報(データ)が存在します。その膨大なデータをもとに世の中の現象を分析し、その後の予測をすることです。簡単なたとえを言うと、コンビニのどんな商品がどの年齢層、性別、どんな職業、どんなコンビ二の場所で売れているかが把握することができれば、店舗ごとに売り上げが予想できる商品だけを仕入れて効率よく売り上げを伸ばすことができるといった感じですかね。。。だから、世の中の情勢をしっかり把握できるように経済学のような文系科目もしっかり勉強したかったのでこの学部を選んだのです!!

 

この「データマイニング」という夢が僕の今の原動力であり、その目標に向かって様々なやるべきことが見えています。統計における概念理解や解析に必要なプログラミングを今がんばって勉強しています。受験でも同じではないでしょうか?自分の夢や目標に向かって受験勉強に取り組んでいる人とそうでない人には、モチベーションに違いがでると思います。これからは本当に受験勉強本番ということになってきます。勉強を投げ出したくなる時や心が折れそうになる時にはふと自分が大学生になった時のことを考えてみてください。

「なぜ、いまこんなに頑張っているのか?」がわかると思います。

 

 

さて、僕の話はここまでにして昨日は海外留学報告会ということで綾瀬校OBの斎藤遥希さんが、大逆転報告会として東進ビジネススクールの西村さんがお話をしてくれました。自身の海外インターンのお話や、今後の自分の夢の話、大学受験で失敗した後からTOEIC900点越えした方法など素晴らしいお話をしていただきました。僕もすごくモチベーションが上がりました!!!英語頑張ろうとおもいます。

 

ビジネススクールの西村さんのお話

何と受験終わった次の日から英語の勉強を始めたらしい!!6626はそこからこれまでの総勉強時間

 綾瀬校OBの齋藤遥希さんのお話

半年間のシンガポールへの海外インターンの時の話をしてくださいました。

一番印象に残ったことは「英語は手段。それより大きな夢を叶えるために必要なこと」

皆さんも自分の夢や目標目指してこれからも頑張りましょう!!!

 

 

 

 

 

答えは

Stop finding fault with others.

find fault with ~で「~のあら探しをする」を意味する。