本日の名言 | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 9月 14日 本日の名言

どうも!先日のブログで

文豪の才能の片鱗を見せつけてしまったら

大バッシングを食らいました吉澤です。

 

世知辛い世の中ですね。

ブログに文を書いただけで

怒られるなんてね。

 

そうです!

今日は名言を書こうかなと。

 

前にzoomで朝礼をやった時にも

やったコーナーなので

ちょいネタ切れ感は否めないんですが、、(笑)

 

でもその朝礼で僕

ウォルトディズニーの

If you can dream it…の

あのカッコいい系の名言を出したので、

今回は本当に

僕が好きな名言を書きます!

 

皆さんはご存知だと思うのですが、

僕はハリーポッターの

熱烈なファンなんです!

 

え、どのくらいかって?

もーこの前いったでしょ!

ハリーポッターの本があるんですが

あれ全部を4周ほどしまして、

さすがに飽きた僕は

原書を1周しました!

いやー時間かかりましたね。

でもあれ何回読んでも泣けるんですよ。

 

おっと話が逸れてしまった、

戻しますね。

 

そのハリーポッターシリーズの第二巻

”ハリーポッターと秘密の部屋”に

ダンブルドア先生の名言が

あるんですが、

それがこうです。

 

“It is our choices, Harry,

that show what we truly are,

far more than our abilities.”

 

意外と読めるんじゃないでしょうか?

日本語版ではこのように和訳されています。

 

“ハリー、自分が本当に何者かを示すのは、

持っている能力でなく、

自分がどのような選択をするか

ということなんじゃよ。”と。

 

これは非常に心にきましたね。

 

たぶん皆さんが今一番気にしているのは

今の自分の学力は、、

とか

点数が、、

とか

あの人はこのぐらい点数とってるのに、、

とか

なにかしら

基準に沿って示されたもので

自分を測ってませんか?

 

もっと大きく見れば

どこの高校とかどこ出身とか

ステータスとか肌の色とか、、、

 

関係ないです。

あなたがあなたであることを示すのは

何を選んで、

どんな行動をするかなんです。

結果じゃないんですよ。

だからそこに良し悪しもないんです。

 

だから選択することを恐れないで。

一番だいじなもの、選択は

すぐそこで宙に舞っているんですよ。

 

 

 

 

まるでウィンガーディアム・レビオーサの魔法をかけられたみたいに。

 

 

明日のブログは大田原先生です!

お楽しみに!