来年から”共通テスト世代” | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 3月 2日 来年から”共通テスト世代”

みなさんこんにちは

担任助手の一條です!

 

今回は「共通テスト」について

話していこうと思います。

 

大学進学志望者の8割以上が受験する

「大学入試センター試験」

「大学入学共通テスト」

と名称を変え、

内容も大きく変わります。

 

そこでなぜ入試制度が変わるのか。

その理由としては、

社会の構造変化やグローバル化が

スピードアップしていく社会を

生き抜くために必要とされるのが、

 

「知識・技能」「思考力・判断力・表現力」

「主体性を持って多様な人々と協働して学ぶ態度」

の学力の要素。

 

これらをバランスよく育むために

学校のカリキュラムが変わることにより、

大学の入学の選抜試験も変わるそうです。

 

 

 

最も大きく変わるのが英語です。

共通テストではリスニング重視となり、

リーディングとリスニングの配点比率が

半分ずつになります。

なので今まであまり重視してこなかったリスニングの勉強

にも目を向けていかなければなりません。

 

変更点が多々あるので、今年からの受験生は

これを機会にぜひ少し調べてみましょう

 

 

現行の「センター試験」でも新しい「大学共通テスト」でも、

基礎力を定着させてからさまざまな出題パターンに対応できる

応用力を完成させていくことに変わりはないので、

まずはしっかりと土台である

基礎をこの時期に固めていこう!!

 

明日のブログは谷治先生です。

お楽しみに♪

 


最新記事一覧

過去の記事