東進ハイスクール綾瀬校の良いところ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 10月 13日 東進ハイスクール綾瀬校の良いところ

 

気づいたら夏に入り、夏が終わり秋始まりを感じます。

時の流れはいつ何時、誰に対しても平等であるはずなのに

今年はいつもより早い気がします

 

こんにちは!

綾瀬校担任助手

3年生の大田原です!

 

今回は僕視点から見た

綾瀬校の良いところを

勝手に語っていきたいと思います!

 

綾瀬校生が読んで

「たしかにー」と共感できて

かつ

外部生が読んで

「綾瀬校ってこんなところなんだ!」

と思ってくれるような

内容にしていきたいと思います!

 

大田原が思う綾瀬校の良いところは

・・・・

 

生徒思いなところです!

 

いやいや

そんなのはどこの塾でも当てはまりますやん(笑)

 

って思いますよね。

 

ただ自分がそう思うのには

根拠があります。

 

自分は高36月に

綾瀬校に入学しました。

その時期周りにいた

東進生はほぼセンター英語を完成してました。

200点満点中160点以上は

当たり前みたいな

 

当時の自分は

200点満点中100点行けばいい方。

数値で見るよりも

強く周りとの差を感じ

絶望していました。

 

「あぁ、これが第一志望受かる人たちなんだ」と

 

余計な考えではありましたが

正直に言えば

 

200点満点中160点以上の人たちは

第一志望大学に受かる人たち

=綾瀬校の合格実績に貢献する人たち

熱心に指導するメリットがある人

 

200点満点中100点以上の自分

第一志望大学に受からない

=綾瀬校の合格実績に貢献できない人

指導しても無駄な人

 

きっと親切には

してくれないだろうと考えていました。

 

 

しかし

1週間でその不安は無くなりました。

 

一回しか話したことないのに

名前を覚えてくれたり

わからないところを

嫌な顔一つせず教えてくれたり

全ての事において

親切にしていただきました。

 

これは完全に個人の主観ですが

塾選びとして他塾も見た上で、

「生徒思い」という部分では

東進ハイスクール綾瀬校が

ダントツであると言い切れます。

 

 

だからこそ

東進ハイスクールが気になっている人がいれば

ぜひ校舎に来て

実際に体感してほしいです!

 

明日のブログは最近数学の質問が少なくて

悲しんでいる内村先生です!

お楽しみに!