模試の前にすべきこと | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 10月 18日 模試の前にすべきこと

 

最近、一段と寒くなりましたよね。

ユウマです。

 

 

ぼくのブログは異質なので、

吉澤さんって変わってますよね。

ってよくいわれるとです。

これほどの褒め言葉はなかったですね。

自分は自分であることを誇っています。

ユウマです。

 

ポジティブ版ヒロシですね。

知らなかったらすいません。

 

このぐらいでいいですか?山崎先生。

 

そうです!模試の前についてですね!

正直模試の前にやることとか

書き尽くされてません?(笑)

 

だから模試前ではなく

模試全体の心得を話しましょう!

 

 

1.点数を気にするな!

 

もちろん点数はあなたの今の現状の学力を示す

一つの指標ではありますが

試験にはいつも運というものがつきものです。

 

もしそれが

あなたの知ってる英単語が

全部出た長文だとしたら?

たまたま昨日解いた問題が

出たとしたら?

 

本番はその運で受かった!でいいですけど、

模試は絶対NG!

良くても悪くてもすぐ忘れなさい!

 

2名の通り共通試験の模擬である!

 

模試だから、、といって

ケアレスミスしちゃいましたー

とかいう人いますけど、(僕)

ケアレスミスって

間違いと何も変わらないですよ?

 

僕は、ここを見落としてたから

本当はもっと取れる、、

みたいなことずっと模試でやり続けたら

センターで同じミスしました。

 

僕はセンターが二次に影響しなかったので

そこで反省してなんとか受かりましたけど

みなさんは

そういう訳にはいかないですよね?

 

この模試を本番の様に受けて

そこで反省して改善点見つけていかないと、

僕のように本番が反省の場になりますよ?

取り返しつかないのに。

 

だから模試の前に

しっかりと本番前かのように対策をして、

それを本番かのように模試で発揮して、

本番かのように反省点を見つけるんです。

 

それができずに模試だからって言ってる子は

必ず共通ミスります。

自覚ある子は早めに直した方がいいよ。

 

3終わった後が何よりも大事!

 

模試に対する準備が大切と言いましたが、

それは本番の様にやるための練習であり

模試の一つの目的です。

 

じゃあ学習的意義は何かと考えると、

それは復習して覚えられることですね!

 

ある大学の研究で

模試や試験などの一定以上の緊張感が

与えられた場所で行った試験問題と

特に点数や順位など計算せず

一人で行った試験問題をもう一度解かせて

比べてみると、

前者の方が5.9倍点数がよかったそうです。

 

(真っ赤なウソ)

 

まあでも僕がやった感じだと

試験でこれなんだっけ~?って

めっちゃ一生懸命考えに考え抜いた問題は

ずっと覚えてます。

 

だから何が言いたいかというと

もうやってると思いますけど

復習死ぬほどやってください。

絶対にこのチャンスを無駄にしないで!!

 

 

っていう感じです。

TKPで試験を受ける人は

僕も駅周辺にいるので探してみてね!!

 

明日のブログは

誰よりも生徒に対して

熱い気持ちを持っている

大森先生です!

お楽しみに!