私が担任助手になった理由~大田原編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2021年 1月 12日 私が担任助手になった理由~大田原編~

 

噂によると

人体の構造上

目を開けながらくしゃみはできないらしいです。

むしろ

目を開けながらくしゃみしようとすると

目が飛び出る危険性があるらしいです。

あくまでも都市伝説程度の話ですが

人間の体っておもしろいですね。

 

こんにちは!

綾瀬校担任助手3年の大田原です!

 

今日は「私が担任助手になった理由」ということで

みんなにとってためになるかどうかわかりませんが

「へぇー」と思ってくれれば嬉しいです!

 

そもそも自分は担任助手を

やるつもりはありませんでした。

やる気がなかったというか

そもそもなれると思ってありませんでした。

理由は明確で目指している大学が

一般的に有名な大学」ではなかったからです。

 

やはり担任助手の人たちが

通っている大学は名の知れた大学。

例えば、自分が初対面の生徒や保護者の方に

マイナーな自分の大学名を言っても

信頼を勝ち取れないと思っていました。

逆に名の知れた大学なら

「あぁー〇〇大学ね!」となる場合が多いはずです。

そのハンデは大きいと感じ

担任助手自体に興味があったものの諦めていました。

しかし、当時担任助手だったM先生に

大学名がすべてではないし、

ほかにもっと大田原の良いところがあるから

担任助手になって欲しいと思ってる。」と言われ、

そうかと思い担任助手になりました。

 

これが担任助手になると

決断した最後の一押しでした。

 

ただ

もともと担任助手という仕事には

興味がありました。

この理由も明確で、

担任助手のおかげで第一志望に合格したから、

次は自分が担任助手として

生徒を第一志望に合格させたい」と思ったからです。

受験時代はかなり担任助手の方々に

お世話になったというか、

ご迷惑をかけたというか、、笑

数学の質問は

理系担任助手ほぼ全員に対応してもらい

国語も解き方などは

文系担任助手ほぼ全員に対応して頂きました。

勉強面だけでなく、

メンタルのサポートや

疲れた時の気遣いもして頂きました。

もちろん

GM担当だったり

担任の先生には大変お世話になりましたが

綾瀬校の全担任助手に支えられて

自分は受験勉強を戦い抜けたと思っていたので

綾瀬校自体への愛着が生まれ、「恩返しをしたい」と考えていたのでしょう。

 

こんな理由で担任助手を始めて

早もう3年が経とうとしています。

今回、このブログテーマのおかげで

初心に帰れた気がしますので

フレッシュな気持ちでこれからもみなさんのこと

サポートしていきたいと思います!!