自分ってどんな受験生だった?〜林田編〜 | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 10月 1日 自分ってどんな受験生だった?〜林田編〜

 

こんにちは!担任助手1年の林田です

 

今回はあえて冒頭にネタを書かないネタで勝負しようと思います

 

”あえて”ですよ

 

決して思いつかなかったわけではありません

 

 

さて今回は自分の受験生時代を振り返ってみようと思います

 

自分は夏休み中も部活があって

本格的に勉強のみの生活になったのは9月からでした

 

部活が終わったから勉強だけに集中できる!!

と思っていたのですが

勉強しかやることがないと全くやる気が出なくて

勉強モードに入ることに苦労したのを覚えています

 

こんな感じだったので、目標の進度で勉強することができず

結局受験間際に苦労することになってしまいました

 

また、正直な話をすると

大人数がいる空間で勉強をすることが

なんとなく苦手だったので

東進に来る頻度もそこまで多くなく

学校にいる時も自習室ではなくて

教室で1人〜3人くらいで勉強していました

 

いや、毎日来いって言ってるくせに自分は来てなかったんかい!!

と思う方もいるかもしれません

 

すいません、来てませんでした😓

 

しかし、これは完全に失敗でした

 

ここからが皆さんに本当に伝えたいことであり

自分が一番後悔していると言っても

過言ではないことです

 

今だから自分に言うことができます

 

なんだかんだ受験の雰囲気にビビってたよな?

なんとかなると思って甘えてたよな?

 

大人数で勉強してると

嫌でも他人が勉強している姿が目に入ってくる

だから集中できない

とかなんとか言ってたけど

じゃあ家で、学校で

1人で集中してできてたか???

と言われたら

自信を持って

できていた

と答えることはできません

 

人には向き不向きがあるので

どうしても大人数では勉強できない

そんな人もいるでしょう

 

しかし、なんとなく嫌だなという気持ちなのであれば

校舎に来て勉強する方が絶対にいいと思います

 

この時期に自分と向き合うのは本当に勇気がいることです

しかし後悔してからでは遅いので

できることは全てやっていきましょう!

 

長くなってしまいましたが

最後まで読んでいただきありがとうございました1