過去問の復習~小笠原編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 11月 4日 過去問の復習~小笠原編~

こんにちは!綾瀬校の小笠原です。

みなさんインフルエンザの予防接種は受けましたか?かかってからでは遅いので早めに注射を打っておいてください!

全国統一高校生テストが終わって、自分の志望校の過去問を解き始めている生徒が多いと思います。

そこで自分が過去問の復習をどのように行っていたか話したいと思います。

みなさん過去問を解く量は人それぞれ違うと思いますが、第一志望校は最低でも過去10年分を2周、20年分を解きますが、それ以外にも第2志望、第3志望と多くの量を解かないとなりません。

初めは毎回すべての問題に対して復習ノートをつくったり、分からなかった問題の範囲をすべて復習しようとしましたが時間が足りませんでした。ノートを作っても読み直す機会がないので、途中で作るのを辞めました。

過去問を解いていくにあたって大事なことは何度も数をこなしていってその大学ごとの出題傾向に慣れていくことと、一度間違えた問題が次出たときに絶対に間違えないようにすることが最低限必要です。

自分のできなかった問題に対して具体的に何を復習すればいいのか考えることも重要です。

英語だったら単語をやればいいのか文法をやればいいのか、見当違いのことをやっていても成績は伸びません。

なので問題を一度解いた後、復習をする前にしっかりと間違えた箇所の考察をして原因とそれに対する対策を考えましょう。

皆さんの解いている過去問はとても難しいし、毎回分析するのも大変かと思いますがその一回一回の分析と復習をしっかりやれば、必ず成績は伸びていきます。焦らず、サボらず頑張って行きましょう!!

                                                                                             ↓

                                                                                             ↓

                                                                                             ↓

                                                                                             ↓

                                                                                             ↓

                                                                                             ↓

                                                                                        正解は、

      Someone left the door open all day.です。

          leave+O+Cで「OをCのままにしておく」。という意味になります。