過去問演習について~福島編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 6月 24日 過去問演習について~福島編~

こんにちは!!!綾瀬校担任助手の福島です!本日もテーマが過去問演習ということで自分が現役時代、一番力を入れた英語と国語について行っていた方法をお伝えします!

▼英語▼

英語はすぐには点数が伸びない教科なので頭を抱えている人が多いと思います!

僕はもともと英語はそこまで高得点は取れていなかったので高速基礎マスターの修判を毎日やりながら過去問を進めていました。

そしてしっかりと目標の時間配分と解く大問の順を確立しました!人によってその大問の得意不得意があるので試行錯誤を重ねてください!! なので1日に大問分野別を何個か絶対解きましょう!解き終えた後は結果に一喜一憂せずにしっかりミスと得点できた原因を考えましょう。しっかりと文中にでてきた知らない単語も吸収してください。うまく訳せなかったところは絶対に音読して叩き込んでください。そして特に英語は3~4週してください。

▼国語▼

国語は得点の波が激しかったので、慣れるまではあまり時間配分などは考えずにやっていました。

特に現代文はものすごく丁寧に解いていました。現代文は勉強法というよりはコンスタントに解き続けていって慣れる方が良いです。

そして古文と漢文を今のうちに単語や句形などの基礎を固めた上で過去問演習をやってください。自分は特に現代文は何週もやり間違えた原因の箇所と答えのキーワードを見つけるまで復習し続けてマーカーで線を引いていました。

今日の1問をやってみよう!!!
↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

 

 
答え:The problem proved too difficult for me to solve.