模試の活用法~小笠原編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 9月 16日 模試の活用法~小笠原編~

 

こんにちは!綾瀬校の小笠原です!

8月の模試が終わって、もう2週間以上たちました。後日受験の人の成績ももう発表されています。

みなさんは8月の模試の復習はもう終わって次のステップに進んでいると思いますが、今日は自分が高校生の時、模試をどのように自分の学習に生かしていたかをすこしお話しします。

模試はもちろんいままで勉強してきたことの力試し、自分がそこに向かって努力していくという指標として扱っていると思いますが、自分の場合は、今自分ができないところ、苦手な分野を見つけ出すものとしても扱っていました。

確かに模試で間違えたところを分析することは大事ですが、そこから自分の苦手な範囲、分野を見つけ出して、そこを重点的に復習していくことも大事です。苦手な分野をなくしていかないと次に進めないので、模試ごとに必ず自分の苦手な分野が出てくると思うので、一つずつ克服していきましょう。

余談ですが、自分は自分の点数を見て一喜一憂するのではなく、友達の成績などと比べて一喜一憂してました笑

自分と同じ志望校の人と成績を競ったりするとかなり燃えるので、良いライバルを見つけて切磋琢磨してください。

 

答えは、、、

He put on a thick coat that morning.です。

put on ~で「~を身につける」という意味になります。