2017年 11月 16日  過去問の復習の仕方~野田編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2017年 11月 16日 2017年 11月 16日  過去問の復習の仕方~野田編~

 

 

 

  こんにちは~野田です!これから外大の学園祭があるので、その準備に向けて毎日頑張ってます!

さて、過去問の復習方法についてですが、他の担任助手も書いてあったように、

まずは分析です!分析をしないと自分のまずやるべき事が分からないので

分析はしっかりしましょう!

次に、分析した後に、自分が行った復習方法を教科ごとに紹介したいと思います!

国語⇒国語は現代文も古文も漢文も全部根拠が間違えてるから答えも間違えてしまうので、解説授業や赤本の答えをみて、正解の根拠と自分がつけた根拠蛍光ペンで引いて、比べて分析をしていました。たとえば現代文において文章を前後もっと見た方がいいとか、古文において重要な単語を覚えていないとか、漢文においては重要な句法を覚えていないことによって根拠など気づきますので、やってみてください!

英語⇒英語は基本国語と一緒なので、根拠を見比べました。また、重要な単語は自分専用の単語帳を作りました。英作文に関しては、何回も繰り替えし書きました。一回目と違う立場だったり、違う例を使ったりしてできるだけ多く書くようにしました。

世界史世界史は過去問を解くとどんどん新しい知識=自分の知らない知識がでてくるので、それは合格のために必要な知識かどうかを判断して、すべてノートにまとめました。

 例)        新しい知識                  必要かどうか

   シリマボ=バンダラナイケ スリランカ 世界初初代大統領      〇

   チャンドリカ=バンダラナイケ シリマボの次女           ☓

 って感じでノートにまとめました。また地図などもそのノートに貼りました。

 

他になんかありましたらいつでも相談してください!

頑張ってください!応援しています!

お知らせの後に今日の一問があります☆
挑戦してみよう!!
 
 
 
 

A week has seven days, and a day twenty-four hours.

後半のhasは共通要素なので省略されている。