夏休みにやるべきこと | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2019年 8月 6日 夏休みにやるべきこと

こんにちは

大学生の自分も

夏休みになってから1週間ほどたちました

早すぎて焦ってます

このままだと何もしないで夏休みが

終わりそうで怖いです

担任助手の内村です

今回のテーマは夏休みにやるべきこと

ということで

大学生が夏休みにやるべきことは

自分が一番知りたいくらいなので

受験生が夏休みのうちにやるべきこと、

自分が受験生のころにやっておけばよかったことについて

書いていこうと思います

夏休みにやるべきことは

大きく分けて2つだと思います

1つ目はとにかく演習をすることです

夏休みはとにかく時間があります

一日頑張れば13時間くらい勉強できます

この時間の大半を演習の時間にあてられれば

かなり実力が付きます

文系であれば現代文や古文漢文の演習を

最低でも1日一個は解くなど決めて

夏休みを過ごせばかなり国語の点数が変わります

国語などはなかなか点数が伸びづらいといわれますが

演習量が少なくなってしまうのがその原因の1つであると

思います

毎日触れることが何よりも大事です

理系であれば

数学の問題を死ぬ気で解きまくりましょう

自分も受験生の夏休みはとにかく数学の問題を

解いていました

しっかり自分の弱点を把握してそこを演習で補うことが

できればかなり素晴らしいです

もう一つは暗記系を終わらせることです

英単語は毎日やっていたけど

古文単語はかなりおろそかになっていたり

漢文の句法に全く手がついていなかったり

する人がいるのではないでしょうか

自分は完全に漢文の句法を覚えることを放棄

していたので

夏休み期間でかなり覚えました

その結果夏明けの模試では漢文は8割まで

伸ばすことができました

夏休みは時間がしっかりとれ、

毎日しっかりと暗記の時間を確保することが

容易です

この機会を逃すと後が大変です

夏休みが暗記系のものを仕上げられる

最後の機会であると思って

しっかり取り組んで欲しいです

この時期をしっかりやりぬいて

合格に向けて頑張りましょう!

明日のブログは塚田先生です

お楽しみに!