「終わらない」を「終わった!」へ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2019年 11月 26日 「終わらない」を「終わった!」へ

こんにちは!担任助手の谷治です。

急遽今日のブログを書くことになってしまいました。

受験生のみさなん、過去問は順調ですか?

面談などで、

第一志望は2周も3周もやるんだよ

併願校もしっかり対策しないと

など色々言われていると思います!

毎日どんな量をこなして、

いつまでにどのくらいやるのかまで

計画を立てたと思います。

で、その計画表を見て

あるいは実行しはじめて

思いませんでしたか?

こんなん絶対終わるわけない!!!!

受験する学校の過去問に加え、

英単語や文法の復習や

文系だったら現代史がまだ全然苦手な人が多いはず。

これは、受験生の9.8割が悩むことだと思っています(個人的に)。

最初の悩みはみんな同じ、でも

最終的に終わったか終わらなかったかは

みんな同じじゃないんです!!

「マラソン一緒に走ろうよ~」って言われて

途中で結局置いてくやつとおなじ!

過去問を速く回すコツは、

復習の仕方にあります。

なんでこの問題が解けなかったのか

のほかに

どうやったら復習にかける時間を短くすることができるか

も(知らず知らずのうちにかもしれませんが)

一緒に考えるんです!

例えば英語だったら、

長文を一文一文和訳を照らし合わせる復習から

和訳だけざっと読んで、英文を読んだ時の自分の解釈と

合っていたら次にいく方法に変える。など!

わたしは、早稲田法の英語の場合

最初は問題解くのに2時間半

復習4時間(!)かかっていましたが

10年分解き終わるころには

復習にかける時間を約2時間にまで

縮めることができました。

みんなも、あきらめないで

残り3か月、がんばってください!

明日のブログは西村さんです、

おたのしみに!