「考えて」勉強することの大切さとは!?~例を紹介します~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 9月 25日 「考えて」勉強することの大切さとは!?~例を紹介します~

みなさんこんにちは!綾瀬校の石原です!

 

早速ですが、みなさんは日ごろから

考えて勉強していますか??

「勉強」と一言にしても、ただ目の前のことを

こなしているだけで第一志望校に

合格できるわけではありません!

 

そこで今日は「考えて」勉強する

ことの一例を過去のブログより紹介します!

内容も、最近生徒からの質問が

多いものにしたので、

ぜひ最後までよんでみてください!

 

~私が過去に書いたブログ~

・英語長文編

8月22日に英語長文について

書いたブログでは、

焦ってしまうと出来ない

東進で勉強しているときに出来ても

模試だと出来ないという人のために、

普段の勉強(アウトプット)の

工夫の1例を書いています。

 

この方法で勉強するポイントは、

本番の状態(緊張感と焦り)に

近づけることができることです。

緊張する・・メンタルが弱い・・

なんて人は一度試してみてください!

 

・国語現代文編

7月2日に国語の現代文について

書いたブログでは、現代文の正しい読み方

つまり問題作成者と同じ読み方

をするためのポイントを

3点紹介しています。

問題作成者と同じ読み方をするためには、

復習の際に解説を読むだけではなく、

本文中のどこに答え

(答えと関係する部分)があったか

を確認することも重要になってきます。

 

もっと実際の問題の中で、

どのようなプロセスで解けばいいのかを

具体的に知りたい!と言う人は、

自分が解いた問題と答えをもって、

私に声を掛けてもらえれば説明するので

遠慮なく来てくださいね!!

 

このように、闇雲に勉強するのではなく、

理想に近づくためには何が必要なのか、

どのようにしたらよいのかなどを

「考えて」勉強することで、

考えてない人よりも着実に目標に

向かって点数が伸びていきます!

 

あくまでも、方法としては一例なので、

試してみて合わなければ

違うやり方を模索してください!

模索を繰り返して

自分に合う勉強方法

見つけていきましょう!

 

 


 

今日の1問です!

答えは

 

She was wearing a sweater of her own knitting.

of one’s own ~ingで「自分で~した」という表現になる。