あけましておめでとうございます!! | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 1月 1日 あけましておめでとうございます!!

 

あけましておめでとうございます!!

担任助手の大田原です!

 

まず開閉館時間についてです。

明日の開閉館時間は 今日と同じく

10:00~18:00

です!

いつも通りの時間に来ても

空いていませんので、気をつけて!

 

さぁ!お正月ですけども

受験生のみなさんをいよいよ大詰めって感じですよね。

この時期になると何が始まるかというと

センター対策 ですね。

国公立志望の人たちはすでに

センター対策には入っていると思いますが

私大志望の人はこれから入るという人も

少なからずいるでしょう!

 

これからのセンター対策で

頭の片隅においてほしいことが3つあります!

 

1、暗記科目はできる限り全範囲触るべし

 これからは、【点数をあげる勉強】を行うとともに

 【点数を維持する勉強】を行うことになります。

 【点数を上げる勉強】はできないところを見つけ、潰す

 のに対して

 【点数を維持する勉強】は既にできるところを、確認することです。

 【点数を維持する勉強】の中でも苦労するのは暗記科目です。

 「これ覚えた記憶あるのに、思い出せない・・」って

 本番で2点、3点落とすのはもったいないですよね?

 なので、暗記科目は毎日全範囲触ってほしいんです。

 けれど膨大な知識量を全てを毎日確認し続けるのは、厳しい。

 そんな時は、「この日はこの分野の復習、次の日はこの分野の復習」

 みたいな感じで分野ごとに分けて、やってみてください。

 時間はかかりますが、しっかりと本番まで全範囲復習でき

落とす問題も増えなくなります!

 

2、過去問を解くときは、本番の緊張感を再現すべし

 「そんなことは百も承知です」と言われそうですが

 案外、毎日同じような勉強をしていると

忘れてしまうことでもあります。

 「これがセンター本番・・失敗できない・・

という気持ちで過去問解き続けていると

 本番が模試のように感じます。

 これは僕の体験ですが、

 1科目目以外、本当に模試のような感覚で問題を解くことができ

 数学や英語において凡ミスをせずにセンターを終えました。

 つまり、今までの努力を本番で発揮できました。

 

 なによりもつらいのは

思うように実力が出せずに終わることです。

 そんなことにならないために

今からしっかり本番を見越して演習に臨みましょう!

 

 

3、思うような点数でも諦める事なかれ

 この直前期、合格最低点を超えていなかったり

点数が想像以上に取れなかったりすると不安になったり

 泣きたくなります。

不合格が迫ってくるようで怖いです。

 ですが、いつかのブログでも書いたように

 自分を信じない奴なんかに努力する価値はありません

 どんな状況、点数であっても

点数を上げるために

 自分自身を、今までの努力を信じることは

 やめてはいけません。

 

 受験勉強というのは【日進月歩】です。

 特に現役生は最後の最後まで伸び続けます。

 そのためにはまず自分を信じることです。

 自らを信じ、たえまなく進んでいきましょう

 

明日のブログはまたまた小島先生です!!

お楽しみに!!

 

 

 


 

最新記事一覧

過去の記事