なぜ大学受験は早期始動することが大切なの? | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2019年 11月 30日 なぜ大学受験は早期始動することが大切なの?

こんにちは!本日、中国語の中間試験が学校でありました!

出題される問題を予め言われていたので、そこをとにかくやっていたのですが

違うところをその先生は出したため全然できませんでした!

担任助手の吉野です!

最近本当に寒くて、受験本番が近づいてるなって感じます。
皆さん、体調管理には気をつけてくださいね!

今日は、受験勉強をしている、又はしようかなと考えているあなたに

なぜ早い時期から受験勉強を始めることが

大切になってくるのかを伝えたいと思います!

このグラフを見てください!

このグラフは私立文系(理系も同じ)合格者の

センター試験本番レベル模試2年間の成績推移です。

これにも書いてあるように受験生は高校3年生になると

みんな受験に対して焦りだして、成績は伸びます!

でもグラフをよく見てみてください!

高校2年生の間は点数が全然伸びていませんね。

そして3年生になって伸びてくる。

でもその伸びの傾きの角度は変わっていません!

ここから何がわかりますか? 

高校3年生になってからいくら頑張ったとしても

1個上の色のグラフには行けません。

よって、高3生になる前に1つでも上のグラフに乗っていること、

1点でも高く点数をとっていることがとても大切になってきます。

全員がこれに当てはまるわけではありませんが、

ほとんどの生徒はこのようなルートをたどります。

本当に3年生になって始めるじゃ遅いです!!!

次にこのグラフを見てください!

これも私立文系理系関係なく言えることなのですが、

センター同日試験(入試1年前)時点の得点によって

だいたい合否が決まっています!

例えばみんなが憧れるであろう早稲田大学、慶応大学、上智大学!!

センター同日試験で425/500を取ると

本番での合格率は約75%4人に3人!!

いけそうな気がしますよね!!

ではもし、200/500以下だった場合、

約1%100人に1人と絶望的な数値となってしまいます、、

の大学でも合格の可能性に関しては同じことが言えます

このグラフを見たそこの君、大学受験の勉強に早すぎるなんてありません。

早期始動がとても大事になってきます!

簡単に有名難関大学には行くことができませんよ~!

今日から始動してください!

明日のブログは一條先生です!お楽しみに!!