今伝えたいこと | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 2月 13日 今伝えたいこと

 

どうもこんにちは

担任助手1年の大森です

書き終わってみて今日は珍しく熱く語ってしまいました

ぜひ読んでみてください()

 

↓↓ではどうぞ↓↓

 

皆さんはまだ高校生ですが

1年後2年後3年後多くの人が

大学生になっていると思います

 

まだ1年しか大学生を経験していない僕ですら思うのは

高校を卒業すれば多くの新しい人と出会うということ

あまり社交的ではない僕ですら感じるのだから

人によっては毎日遊ぶ予定が途切れない!

ぐらい出会いがあるかもしれません

 

新しい人と出会えば新しい言葉に出会う

ということで

前置きが長くなりましたね

誰が言っていたかわからない

もしかしたら東進の講師の人かもしれませんが

ぼくが出会った言葉の中で

とても心に残っている言葉を紹介したいと思います。

 

もったいぶらずに言います

「気づいた時が一番早い」

これを聞いたときはそんなに響かなかったと思うのに

今になってもなぜか覚えている

それはきっとことあるごとにこの言葉が

フラッシュバックしてきたからかなと思います

それほどまでに気づくのが遅い場面が

多く存在してたんだなと

 

もちろんここで紹介したのには勉強にも関連があるからです

「受験が終わって満足に時間があった

なんて言える人はいないんだから」

この言葉もつい先日聞いて深く共感した言葉です

受験勉強なんて2年やったって、終わったころには

時間が足らなかったって思うんだから

 

今少しでも「そろそろ始めないとな」なんて

心のどこかで不安に思っている気持ちがあるのなら

 

ちゃんと考えてください。

 

気づいているんですよ。

 

今やらなきゃいけないのは。

 

気づいている今が動き出すのに一番早い

 

過去には戻れないんだから。

 

気づいていた今が一番時間が残っています

 

後悔は受験が近づかないとわかりません。

 

手遅れになる前に今。

 

書いているうちにちょっと熱きなりすぎましたね(笑)

少しでも多くの学生に響けばいいなと思います

綾瀬校で一緒に頑張りましょう!

 

明日のブログは吉野先生です

お楽しみに~


 

最新記事一覧

過去の記事