低学年こそ夏が勝負!! | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 8月 15日 低学年こそ夏が勝負!!

 

みなさん朝登校おつかれさまです!

最近は朝活にハマっていて、

朝起きてジムに行って体を鍛えたりしています。

朝って自分だけの時間に集中できてすごくいいですよね。

こんにちは!担任助手1年の小暮です!

 

今回は、低学年の生徒に向けた内容となっています。

 

さて、受験生にとってこの夏が重要なのは周知のことですが

低学年の生徒にとっても、この夏休みが重要なものであることを皆さんご存知ですか?

 

低学年の皆さんって、まだ部活真っ最中って子も多くて

なかなか勉強する時間を確保することって難しいですよね…

 

高1、高2生にとって、おそらくこの夏休みって

一番まとまって時間を確保できる長期休暇であると思っています。

 

夏は受験の天王山

という言葉や

夏を制する者が受験を制する

という言葉を

耳にすることが夏に入って多くなってきたと思います。

 

でもそれって、受験生だけに対するものだと思っていないですか?

本当に、本当に高1、高2生にとっても夏は大事な時期なのです!!

 

受験勉強は高3から

なんて思っていないですか?

 

高3生になったらみんな自ずと勉強を始めます!

部活や学校行事、そういった今までみんなが本気で打ち込んでいたものがなくなって

自然と勉強に集中するのです。

 

今この瞬間も周りのライバルは受験に向けた勉強を始めています!

その慢心が後々響いて周りのライバルに相当大きなリードを与えてしまうのです。

 

本気で受験勉強するなら、絶対第一志望に合格したいですよね。

最悪の結果にならないためにも

今から始めることが大事なのです!

低学年のこの夏から受験を意識して、勉強のスタートを切ることが

合否を分けるのです!

 

みなさんも、受験生になった時に後悔しないように

今から最高のアドバンテージを獲得して

受験勉強を有利に進められるようにしましょう!

 


 

 


 

今日の一問です!

 

 

答え

 

 

 

 

“Do you mind closing the door?” “No, not at all.”

mindはto不定詞ではなく動名詞を目的語にとる動詞。Do you mind ~ing?で「~していただけませんか」。