受験勉強と学校行事の両立のすゝめ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

2018年 9月 10日 受験勉強と学校行事の両立のすゝめ

To学校行事が忙しくて受験勉強どころじゃないあなた。

 

こんにちは布川です!

最近はプログラミングを本格的に始めて

受験生並に机に向かっています。

いやー大変!難しい!!

「フリー画像 プログラミング」の画像検索結果

でも、こればっかりは

僕のやりたいことだし、必要なことなので

「やらない」って選択肢は

ないのでやります笑

まぁ、皆さんの受験勉強と同じですね。。。

 

ただ、大学生は案外忙しいもので、

大学の勉強もあるし、バイトもあるし、

プログラミングの勉強もあるし、

やっぱりそれなりに遊びたいし・・・。

 

結局時間がないんですよね・・・。

 

この時期の皆さんも同じなのではないですか?

受験勉強にたくさん時間を割きたい。

でも、文化祭・体育祭・定期テストなどなど

やらないといけない、あるいは

やりたいことがありすぎて

時間が足りない!!!!

って感じではないですか?

分かります、その気持ち。

「フリー画像 頭抱える 棒人間」の画像検索結果

では、その時間が足りないけど

やるべきことがたくさんある状況で

どうしたら効率よく物事を進められるのか

勉強したいけど学校行事が忙しい時に

いかに勉強を進めるか

 

僕なりの答えを紹介したいと思います。

「やらない」を決めること!!

よくある失敗事例は

1.やらなきゃいけないことを書き出す

↓こんな感じ↓

・受講一日1コマ

・過去問演習1教科分

・音読

・英語の単語

・学校の宿題

・文化祭の準備

・部活の練習

・提出物

・学校の予習

2.一日のスケジュールを組む

 

こんな感じの2Stepでやってしまう。

これだと、足し算思考なので

やらなきゃいけないことが

次々と出てきてしまって、

また、時間が足りない。。。

結局過去問できなかった。。。

ということになってしまいます。

 

そこで、引き算思考を考えましょう。

さっきの2Stepに1つやることを加えます。

1.やらなきゃいけないことを書き出す

↓こんな感じ↓

・受講一日1コマ

・過去問演習1教科分

・音読

・英語の単語

・学校の宿題

・文化祭の準備

・部活の練習

・提出物

・学校の予習

2.やらないことを決める

これがとても大切です。

例えば、僕が受験生の頃は

長文の勉強をして、終わったら

分からなかった単語を覚える

要するに長文と一緒に単語の勉強を

していたので、単語の勉強は

やらない

と決めていました。

そうすると単語の勉強のための

時間が浮きますよね。

 

そんな感じでやらないことを増やす工夫を

予定を立てるときにしてみると

時間は意外と有効に使えます。

いろいろなこと考えなくて

頭の中もすっきりします。

「フリー画像 達成」の画像検索結果

 

それに、

あれもやらなきゃこれもやらなきゃ

と注意を分散してしまうと

結局全部が中途半端になってしまいます。

 

受験勉強も、学校行事も

どっちもちゃんとやり切るために

「やらない」

を決める意識を持ってみてはどうですか?



 

<<今日の一問>>

どうでしょうか?わかりましたか?

↓答えは下にあります↓

 

 

 

 

 

 

 

<<答え>>

She bought the land with a view to building her house.
with a view to ~「~するために」のtoは一般の前置詞扱いをするので,その後は名詞,代名詞,または動名詞となる。ここは動名詞が続く。