受験生時代の夏休み 石原編 | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2019年 7月 22日 受験生時代の夏休み 石原編

 

 

こんにちは!綾瀬校の石原です!

今日はわたしが高3の夏休みに勉強していたことについて書きます。

その中でも苦手な人が多い暗記系の勉強法についてです!

私が受験生のときは、単語などの暗記系のものは学校でもらっていた

冊子を使い夏休みに三周できるように考えて勉強していました。

例えば、全部で120ページを一ヶ月くらいで終わらせたいなら、

1日4ページ覚えます。


具体的には、
1日目→4ページ覚える
2日目→新たな4ページ+1日目に覚えた分の復習
3日目→新たな4ページ+2日目に覚えた分の復習

+1日目の分の間違えたところだけやりなおす
4日目以降は3日目のやり方で進める。

基本的に覚えるものがあればこのようなやり方でやっていました。

この例だと、1ヶ月ほどで同じ問題を三周することが出来ます!

このやり方を成功させるポイントは2つです。

①余裕をもった計画を立てる!
→例えば、現在が8/1で8/31までに単語帳を終わらせたい!

とするなら、8/27ごろに終わるように

逆算して1日に覚えるページ数を決める。

こうすれば、模試や体調不良などで

たとえ出来ない日があっても目標の日までに終わります。

②わからないものに印をつける!
→2日目に1日目の分の

復習をする際、必ず印をつけます。
次に、3日目に1日目の分の間違えたところ(印をつけたとこ)だけ

復習し、間違えたとこにさらに印をつける。
そうすると2回間違えたところは2個印がある状態になります。

これは、12月など直前期にそこから復習していけばいいので役立ちます!

短い時間でも工夫次第でたくさん演習できたりします!

みなさんも是非自分なりのやり方や

担任助手の先生のやり方などどんどん取り入れてみてください!

 

明日のブログは一條先生が

更新します!

お楽しみに!

 

そして夏期特別招待講習の申込が

7/31まで

となっています!

是非お気軽にお申し込みください!

 

↓夏期招待講習の申込フォーム↓

https://www.toshin.com/tokubetsu_shotai/