古田真嗣の受験当日談 | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2020年 2月 5日 古田真嗣の受験当日談

 

こんにちは!担任助手の古田です!

受験が始まり、

ほとんどの人が一般入試を経験してきていると思います。

実際に受験するとわかると思いますが、

体力の消耗が激しいはずです。

疲れが溜まったら、

早く寝たりしてリラックスしましょう!

受験期において大事なことは

メンタルを強く保つことです!

 

 

今日は自分の受験当日を振り返って

やってよかったこと

あまりやる必要がなかったこと、

2つに分けて話します。

 

①やってよかったこと

・自分が1番分析できた過去問を持っていく

試験には自分の使い古した

参考書を持って行こう!

とよく言われていましたが、

僕はプラスで、

英語と国語の分析が

よくできた過去問を持っていき、

休み時間中には問題の解き方や

根拠の見つけ方の確認を行なっていました!

こうすることによって、

本番を解く際に気持ちの落ち着きを持って

挑むことができるはずです。

いつもやっているように

解けばいいわけです。

 

 

②やる必要なかったこと

・自己採点しようとする

試験後わからなかった場所を

友達に聞いたり、

ネットで調べたりして、

自己採点しようとしていました。

きっと僕以外にもこういうこと

したくなる人はいるでしょう。

はっきり言ってこれをして

良い思いをしたことはありません。

悪かった場合に落ち込むのはもちろん。

良かったら良かったで気が緩みます。

また、平均点が高いのでは?

と不安になります。

そんなことを考えてしまって、

1日が終わるでしょう。

 

 

参考にしてみてください!

明日のブログは塚田先生です!お楽しみに!