大切なのは模試のあと~大田原編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 8月 29日 大切なのは模試のあと~大田原編~

 

こんにちは!!

綾瀬校担任助手の大田原です!!

 

8月26日に

センター本番レベル模試がありましたね。

みなさん、受けましたか?

まだ受けていないという人は

後日受験がんばってください!

 

さて、今回お話しするのは模試に関する話題。

そう!

タイトルにあるとおり

『模試は受けることより、受けたあとが大事』

ということについてです。

特に今回は精神的な事

僕なりの

しずんだ気持ちから立ち直る方法についてです。

模試で思ったような点が取れなかったとき

「あんなに頑張ったのに点数が上がらないなんてもう勉強しても意味ない」

と思ってしまいがちです。

正直、そんな気持ちは引きずるべきではないです。

はやく捨てるべきなんです。

 

そのためにこう思ってください

「今からがスタートなんだ。ここから上で調子のっているやつらを超える。

確かに中二病っぽいですが

くよくよして勉強しないより断然ましですし

そうやって下剋上を果たしたほうが絶対格好いいです。

誇れます。

僕はこの考え方で

模試や過去問を解いてしずんでしまったときに

乗り越えて第1志望に受かりました。

だから模試でしずんでしまったら

そこから合格までかけあがる自分の姿を想像することが重要です。

 

一概にこの考え方が正しいとは言えません。

むしろ人それぞれに合った方法があります。

色んな方法を試す中で

自分に合ったものを見つけていきましょう。

繰り返しになりますが

一番伝えたいことは

「模試のあとが大事、そこからの勉強で合格が決まる」

ということ。

これは絶対に忘れないでください。

 

 


 

 

 


 

今日の一問です

 

答え

Your shoes need polishing.

need ~ingで「~される必要がある」。need to be p.p.に相当する。