大学生活1年間を振り返って ~吉岡編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

2018年 5月 21日 大学生活1年間を振り返って ~吉岡編~

綾瀬校の担任助手の吉岡です。

今週はとても暑い一週間となりましたが、明日からは、また寒くなってくるそうですよ。体調に気をつけて、勉強に励んでください。

さて、今日のテーマは、「大学生活1年間を振り返って」です。この大学生活1年間を振り返り、みなさんに有益な情報を伝えられたらいいなと思います!

それでは、学習面と生活面に分けてお話しさせていただきます。

学習面について

まず、1年生を終えて感じることは、大学の勉強は高校と比べて、やはり難しかったということです。

理系を選んだということで覚悟はしていましたが、レポートや課題は多くありました。

また、数学系の授業は週に5科目ありました。

試験期間では、いつも死にそうになっていました。周りの人もそうです。

ここで、何が自分を支えていたかというと、自分のやりたい勉強だからです。

私の学科では、(経済・社会)と(情報・IT)の比率が4:6ぐらいで非常に私の理想ややりたい事とマッチしていました。

ですので、1年間頑張れたのだと思います。

 

この1年間で学校で身についたスキルはいくつかあります。

パソコン関連のことが多いのですが、その中でもプログラミングが最大の成果と言えます。

もともと興味があったので、力を入れて勉強しました。

そこで Pyhton VBA PHP に関しては、1年でかなりの力が付きました。

2年生になった今では、これらに関する知識を活かしてゲームアプリ作りや、これからはインターンに行こうと考えています。

 

もっとやっておくべきだった事には英語を挙げます。

必修の英語ではなく、TOEICの対策の授業なら話は別かもしれませんが、、、1年生の英語では、TOEICなどのスコアに結びつくこともなく、話せるようになるわけではありません。

なぜかというと、基本的に復習中心で始まっていくからです。知らない単語などはよく出てきますが、理系単語なので、試験が終わったら忘れてしまいますし、なにかテクニックを教わるわけではありません。

なかなか英語の勉強を、様々なことと両立することは難しいのですが、2年生ではやっていけるようにしたいですね。

生活面について

生活面で言えば、やはりこの1年で生活に慣れたということでしょうか。

大学では、新しいことがたくさん増え、自由度も段違いに上がります。

勉強もそうですが、サークル、部活、バイトと力を入れるところは、自分の裁量に任されます

そこでいろいろやりすぎて体調を崩したこともあります。体調を崩した時は、シリアルやスープなどしか食べれない時期がありました。(笑)

1年経ち、やっと自分のキャパシティーを理解することが出来ました。

 

また、時間の有効活用も出来るようになりました。前述した通り、忙しい中でどのように時間を使っていくか、ということです。

体調を崩さずに予定を埋まっていき、様々なこととやっていると、なんだか大学生っぽくていいですよね!

私もまだまだなので、これから様々な分野に手を出し、両立できるように頑張ります!

最後に

受験生のみなさんは毎日勉強に励んでいると思います。そこで勉強に疲れることが何回かあると思います。

そんな時には「なぜ受験するのか、大学にいくのか」と、原点に振り返ってほしいです。

それは、やりたいことがあるから。自分に必要だから。といった理由だと思います。

大学に入った後の勉強もそうです。苦しい時もありましたが、この思考で乗り越えました。(大学受験ほどのプレシャーはありませんが笑)

 

つらつらと辛い部分を多く書きましたが、基本的に大学は楽しいところです!!なぜ大学いくのか、とか深く考えるのも重要ですが、

大学が楽しそうだから行きたい!とか簡単に考えてモチベーションにしていくのも良いと思います。

 

みなさんの受験を応援しています!がんばってください!!

 

本当の最後に今日の一問です!

 

答えは下にあります。

 

 

 

Let’s think seriously about what to do next.

(疑問詞+to do)で名詞句を作ります。what to ~で「何を~すべきか」という意味になります。