担任助手の学部紹介~理学部編~ | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2018年 10月 5日 担任助手の学部紹介~理学部編~



こんにちは!
担任助手の天内です!

今回は、僕が現在通っている
東京理科大学の理学部について紹介しようと思います。

僕の学科の正式名称は
理学部第一部応用物理学科
です。

理学部第一部、第二部についての
説明は省きますが

理学部第一部には
数学科・物理科・化学科
応用数学科・応用物理科・応用化学科
が存在します。

物理科と応用物理科の違いについてですが
どちらの学科も1,2年次は微積や線形代数といった
物理の基本となる数学
力学、電気磁気学、熱力学、統計力学、量子力学などの
物理学の基礎をしっかり学びます。

応用物理学科は3,4年次から
固体物理、材料科学、光物理、電子素子物理、
電子回路、情報理論、計測制御等の専門的な科目を自分で選び
将来の技術発展に役立つようなことを学んでいきます。

また、応用物理学科では
量子物理系、数理・統計物理系、先端デバイス物理系の
3系統の研究室が最先端の研究をしています。

ここまでほとんど理科大HPのコピペです。

僕の学科についての説明はこんな感じです。
3,4年次に備えて
今はとりあえず物理学の基礎を学んでいる段階ですが
公式を学び、ひたすら演習していくだけなので
正直退屈です(笑)
ですが、3,4年次や大学院で自分の好きな分野を研究するために
基礎をしっかり固めていきたいと思ってます!

他大学のことはわかりませんが
理系学部は学部によって授業の内容が全く異なります。
受験で妥協して自分の希望していなかった学部に入り
嫌々勉強しているという人が少なからずいます。

皆さんはそんなことがないように
早いうちから夢や目標を見つけ
自分が行きたい学部に行きましょう!


  




今日の一問です!!!


答えはコチラ!!!


Man has some gifts which no animal has.

物・動物を先行詞とする目的格の関係代名詞whichを使った文。