担任助手をやっていてよかったと感じるとき | 東進ハイスクール綾瀬校|東京都

ブログ

2019年 9月 2日 担任助手をやっていてよかったと感じるとき

こんにちは、小島です!!

僕実はシンガーソングライターの

miwaのファンなんですけど、

朝起きたら結婚報道出ててビビりました。

ファンってこういう時

どういう反応するんですかね、

小島です。

 

あと朝家を出たらひんやりとして、

夏の終わりを感じました。

 

みんな体調に気を付けてね。

 

今日のテーマは、

「担任助手をやっていてよかったこと」

という事で。

 

いやあ、むずいっすねえ。

 

たくっさんあるんで

選ぶのもむずかしいし、

言葉にすると難しいものです。

 

このブログだけですべてを語るのは難しいですが、

一つ言うならば 

 

生徒の笑顔を見たとき。

 

ですかね 

それはもちろんただの笑顔でありません。

頑張った子ことによって生まれる笑顔です。

 

わかりやすいのは合格した時ですね。

今まで必死になってガンバり、苦しんできて、

最終的に合格を

勝ち取ったときの笑顔は輝かしいです。

 

生徒はとにかく毎日頑張り

頑張りがんっばりまくって、

私たち担任助手も

生徒たちが頑張り切れるように

サポートしてきたそのやりがいを感じます。

 

頑張った結果での笑顔は

本当に僕もうれしくなります(笑)

去年とか合格を聞いたときは

口角上がっりっぱなしでした(笑)

 

 そして合格だけでなく、

普段の勉強で今まで

あまり頑張れていなかった生徒が

頑張り始めてきたとき、

高速基礎マスターの修了判定テストを合格した時、

わからない問題が解けたとき。

 

生徒が頑張ってなにかをやり遂げたときに

見られる笑顔は最高です。

 

そしてそこに自分が役に立てていた時など、

自分の行動の価値存在意義

見出せたときに

仕事をやっていてよかったなと感じます。

 

すごいまじめな文章になっちゃった(笑)

 

担任助手、いい仕事ですよ!!!!!

 

 

 

明日のブログは石川先生です!!

彼の秘めたる思い、明日爆発します!!!

お楽しみに!!!!!!